分路[語句情報] » 分路

「分路〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

分路の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
谷より峰へ峰より谷へ」より 著者:小島烏水
も、岳川岳から岩壁伝いに乗鞍岳へも、また奥穂高へも、行かれるところで、三方への追分路である、雲が天上を縦横に入り乱れて、その影が山に落ちて、痣が方々に出来る、常....
大菩薩峠」より 著者:中里介山
、薄野原《すすきのはら》を歩み出しました。行けども行けども薄野原で、京伏見への追分路が、こんなに野原続きのはずはないのに、ほとんど無限の野原つづき。しかもその前....

「分路」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
分路が:1回
分路で:1回
前1文字
追分路:2回