及び難い[語句情報] » 及び難い

「及び難い〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

及び難いの前後の文節・文章を表示しています。該当する10件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
カズイスチカ」より 著者:森鴎外
時から遽《にわか》に父を尊敬する念を生じた。 実際花房の気の付いた通りに、翁の及び難いところはここに存《そん》じていたのである。 花房は大学を卒業して官吏に....
黒死館殺人事件」より 著者:小栗虫太郎
、そこにもまた無数と続いているのだった。それ等は、いかなる名工といえどもとうてい及び難い、自然力の微妙な細刻に相違ないのである。 その室は石灰石の積石で囲まれ....
文芸時評」より 著者:宮本百合子
ない。困難は、それらが今も尚われらに芸術的享楽を与え、且つ或る点では規範として又及び難い模範として通るのを何と解するかにある」(マルクス、経済学批判序論) だけ....
大菩薩峠」より 著者:中里介山
ろを、この子が一刀に斬って捨ててしまいました」 「ははあ、それはいよいよ凡人には及び難い」 「そういう気象の子供でございますから、どのみち、これは草深いところに....
万葉秀歌」より 著者:斎藤茂吉
夫)。マサヤカニコソ(沢瀉久孝)等の諸訓がある。けれども、今のところ皆真淵訓には及び難い感がして居るので、自分も真淵訓に従った。真淵のアキラケクコソの訓は、古事....
光り合ういのち」より 著者:倉田百三
語の発音は私と較べ垢抜けしてるような気がし、彼がテニスの鋭いサーヴをする仕方も、及び難い洗練がある気がした。そしてそれらは学校の教科書の勉強からは得られない別の....
智恵子の半生」より 著者:高村光太郎
は確かに阿多多羅山の山の上に出ている天空があった。私は彼女の胸像を作る時この眼の及び難い事を痛感して自分の汚なさを恥じた。今から考えてみても彼女は到底この世に無....
美の日本的源泉」より 著者:高村光太郎
表現は単にそれを理解する事だけですら、恐らく今日の世界に於ける美の感覚の程度では及び難いのではないかと考えられる。われわれは斯かる超高度美を感受し得る美的感覚を....
民芸とは何か」より 著者:柳宗悦
の否定は常に誤謬なのです。工藝の美を支える力は名もなき民衆なのです。あの天才すら及び難い無心の作を産む民衆なのです。読者よ、もしここに在銘の作と無銘の作とがあっ....
三国志」より 著者:吉川英治
蜀の良将はこうして一星一星、暁の星のように姿を消して行った。何かしらん力を以ては及び難いものが蜀の年々に黒框の歴史事項を加えていた。 蒋※はついに丞相にはなら....

「及び難い」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
及び難い事:1回
及び難いの:1回
及び難い無:1回
及び難いも:1回
及び難い洗:1回
及び難い感:1回
及び難い、:1回
及び難い模:1回
及び難い」:1回
及び難いと:1回
前1文字
は及び難い:4回
の及び難い:2回
ら及び難い:1回
、及び難い:1回
又及び難い:1回
い及び難い:1回