右向き[語句情報] » 右向き

「右向き〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

右向きの前後の文節・文章を表示しています。該当する5件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
日は輝けり」より 著者:宮本百合子
て、この様子を見た先生は、意外な顔をして訊ねた。 「なぜ右を向かないの?」 「僕右向きたくない!」 母親達の中から、囁《ささや》きが小波のように起った。「面白....
すり替え怪画」より 著者:海野十三
の部分に施した。真中のニンフの手の位置が変化し、それから正面向きの左端のニンフが右向きに変った。 「美事美事。藤代さん、大したものだ。とうとう名画の御出現だ。さ....
病中記」より 著者:寺田寅彦
に小使室へ茶碗を取りに行った。それを待っているうちに急に嘔気が込み上げて来たので右向きに頭を傾けて吐いた。吐こうと思う瞬間に吐くものが黒い血だなという予感が頭に....
或る部落の五つの話」より 著者:佐左木俊郎
長が三つの消防組を統べて各々の組長が号令をするのだった。号令につれて消防手の竿は右向き左向き縦隊横隊を繰り返すのだった。 その教練の始まる前だった。禿頭の老|....
ランプの影」より 著者:正岡子規
に顔の輪廓を形づくって居る。その顔が始終目について気になっていけないので、今度は右向きに横に寐ると、襖にある雲形の模様が天狗《てんぐ》の顔に見える。いかにもうる....

「右向き」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
右向きに:3回
右向き左:1回
右向きた:1回
前1文字
は右向き:2回
で右向き:1回
が右向き:1回
僕右向き:1回