吹き捲く[語句情報] » 吹き捲く

「吹き捲く〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹き捲くの前後の文節・文章を表示しています。該当する5件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
幻影の盾」より 著者:夏目漱石
く日を海の底へ震い落す程の鬨《とき》を作る。寄するときは甲の浪、鎧の浪の中より、吹き捲くる大風の息の根を一時にとめるべき声を起す。退く浪と寄する浪の間にウィリア....
支倉事件」より 著者:甲賀三郎
の怪しげな形をした雲が不気味な生物のように、伸びたり縮んだりしながら、東北の風に吹き捲くられて西南へ西南へと流れて行った。 広々とした稍小高い丘に大小取交ぜ数....
死者の書」より 著者:折口信夫
が、くるめき出したのである。雲は火となり、日は八尺の鏡と燃え、青い響きの吹雪を、吹き捲く嵐――。 雲がきれ、光りのしずまった山の端は細く金の外輪を靡かして居た。....
三国志」より 著者:吉川英治
ために、谷中の大火もいちどに消えてしまった。そして、濛々たる黒霧がたちこめ、霧を吹き捲く狂風に駆られて、ふたたび紅い火が諸所からチロチロ立ち始めると、また、驚く....
私本太平記」より 著者:吉川英治
一触、もはや恐れるものはございませぬ」 北風はいよいよ強い。 あたりの陣幕を吹き捲くり、その一端の裾が、武敏の半身へも、うるさく絡みついてくる。 「伝令。阿....

「吹き捲く」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹き捲くり:1回
吹き捲く狂:1回
吹き捲く嵐:1回
吹き捲くら:1回
吹き捲くる:1回
前1文字
、吹き捲く:2回
を吹き捲く:2回
に吹き捲く:1回