吹き捲る[語句情報] » 吹き捲る

「吹き捲る〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹き捲るの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
氷蔵の二階」より 著者:宮本百合子
房は、楽しみをもって引移った。 三 初めての日曜日、風の烈しく吹き捲る晴れた日であった。 房は、一吹き荒れる毎にどーっと塵埃を吹きつけ、ガタ....
塵埃、空、花」より 著者:宮本百合子
うだ。その心持も厭だし、春は我々こそと云うように、派手な色彩をまとった婦人達が、吹き捲る埃風に髪を乱し、白粉を汚し、支離滅裂な足許で街頭を横切る姿を見るのも楽で....

「吹き捲る」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹き捲る埃:1回
吹き捲る晴:1回
前1文字
、吹き捲る:1回
く吹き捲る:1回