吹き溜まり[語句情報] » 吹き溜まり

「吹き溜まり〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹き溜まりの前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
籠釣瓶」より 著者:岡本綺堂
った。ゆうべの風の名残りで、仲の町には桜が一面に散って、立花屋の店先には白い花の吹き溜まりがうずたかく積もっていた。まだ大戸をあけたばかりの茶屋では、次郎左衛門....

「吹き溜まり」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹き溜まりが:1回
前1文字
の吹き溜まり:1回