吹き荒ぶ[語句情報] » 吹き荒ぶ

「吹き荒ぶ〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹き荒ぶの前後の文節・文章を表示しています。該当する7件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
死の快走船」より 著者:大阪圭吉
主館に居止り、東屋氏と私と黒塚、洋吉の両氏、そして署長を加えた五人は、強い疾風の吹き荒ぶ中庭を横切って、別館の船室――キャプテン深谷の秘密室へ走り込んだ。 ....
玄海灘密航」より 著者:金史良
朝三時に××山の麓に来たらいいと云うのである。私は驚いて振り返って見た。だが男は吹き荒ぶみぞれの中に、どこかへ消え失せてしまった。さすがに私はその晩いろいろと苦....
琥珀のパイプ」より 著者:甲賀三郎
屋から左へ、青木は右へと別れたのである。私達が丁度自宅の前辺り迄来た時に、遙かに吹き荒ぶ嵐の中から人の叫声を聞いたと思った。 二人は走り出した。番小屋の人も走....
白峰山脈縦断記」より 著者:小島烏水
いる、白花の石楠花が、この生体のない人の頬に匂っている。 耳を澄まして、谷間に吹き荒ぶ風の声を聞くと、その怖ろしさといったらない、初めは雷とばかり思っていた、....
フランダースの犬」より 著者:菊池寛
入選すれば、クリスマスには二重のよろこびを持てるわけでした。身を切るような寒風の吹き荒ぶその日、ネルロは波打つ胸をおさえて、いよいよでき上った苦心の画を、牛乳車....
ジーキル博士とハイド氏の怪事件」より 著者:佐々木直次郎
いるキャサリン・ディ・マットス夫人は作者の従妹であって、献詩のヒースの生い茂り風吹き荒ぶ北国は彼等の故郷スコットランドをさすのである。 一九四〇年十一月佐々木直次郎....
人魚謎お岩殺し」より 著者:小栗虫太郎
とができなかった。閉め忘れた裏木戸が、風のためにバタンバタンと鳴りつづけ、大道を吹き荒ぶ風は、松飾りに浪のような音を立てさせている。ふと、その響きに、彼は夷岐戸....

「吹き荒ぶ」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹き荒ぶ風:2回
吹き荒ぶそ:1回
吹き荒ぶ北:1回
吹き荒ぶ嵐:1回
吹き荒ぶみ:1回
吹き荒ぶ中:1回
前1文字
の吹き荒ぶ:2回
に吹き荒ぶ:2回
を吹き荒ぶ:1回
風吹き荒ぶ:1回
は吹き荒ぶ:1回