吹き荒む[語句情報] » 吹き荒む

「吹き荒む〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹き荒むの前後の文節・文章を表示しています。該当する4件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
獄中消息」より 著者:大杉栄
先月の手紙で大体の様子はわかった。さすがに世の中は春だったのだね。しかも春風吹き荒むという気味だったのね。※おうらやましいわけだ。しかし困ったことになったも....
わが童心」より 著者:佐藤垢石
。風花を混じえて、頬に当たれば腐肉も割れやせん。 私は子供のころ、その痛い嵐が吹き荒む利根川端の崖路を、前橋へ使いに走らせられたことがあったのを記憶している。....
「黒死館殺人事件」著者之序」より 著者:小栗虫太郎
たと云っても、過言ではないと思う。 楽聖モッツァルトの埋葬は、霙を交えた北風の吹き荒む、十二月の空の下に行われた。しかし、その葬儀に列なったものは、宮廷合唱長....
フレップ・トリップ」より 著者:北原白秋
れらの強大なハーレムも遂には分裂する。何れは三、四ヶ月の間だ。十月十一月、寒風の吹き荒むとともに、懐胎したカウの大群集は成長した幼獣、処女獣と南方に向って去り、....

「吹き荒む」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹き荒むと:2回
吹き荒む、:1回
吹き荒む利:1回
前1文字
の吹き荒む:2回
が吹き荒む:1回
風吹き荒む:1回