吹き貫[語句情報] » 吹き貫

「吹き貫〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹き貫の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
大菩薩峠」より 著者:中里介山
るからそのまま引返して湯元へ来ました。 火事は室町屋から出たので、今しも台所を吹き貫《ぬ》いて、二階の廊下を焼き抜いて、真紅《まっか》の炎《ほのお》がメラメラ....

「吹き貫」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹き貫い:1回
前1文字
を吹き貫:1回