吹き鳴す[語句情報] » 吹き鳴す

「吹き鳴す〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹き鳴すの前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
巷の声」より 著者:永井荷風
いて歩くようになったのは明治四十年より後であろう歟《か》。 支那蕎麦屋の夜陰に吹き鳴す唐人笛には人の心を動す一種の哀音がある。曾て場末の町の昼下りに飴を売るも....

「吹き鳴す」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹き鳴す唐:1回
前1文字
に吹き鳴す:1回