» 吹き

「吹き〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹きの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
戯作三昧」より 著者:芥川竜之介
もない。」 「なるほどそれは御多忙で。」 と言ったかと思うと、市兵衛は煙管で灰吹きを叩《たた》いたのが相図《あいず》のように、今までの話はすっかり忘れたという....
疑惑」より 著者:芥川竜之介
、どこからか濛々とした黒煙《くろけむり》が一なだれに屋根を渡って、むっと私の顔へ吹きつけました。と思うと、その煙の向うにけたたましく何か爆《は》ぜる音がして、金....
犬と笛」より 著者:芥川竜之介
《とりけもの》や草木《くさき》でも、笛の面白さはわかるのでしょう。髪長彦がそれを吹き出すと、草はなびき、木はそよぎ、鳥や獣はまわりへ来て、じっとしまいまで聞いて....
河童」より 著者:芥川竜之介
しないのですか?」 ペップは金口《きんぐち》の煙草の煙をまず悠々《ゆうゆう》と吹き上げてから、いかにもつまらなそうに返事をしました。 「罰しますとも。死刑さえ....
彼 第二」より 著者:芥川竜之介
んだ。」 「じゃちょっと待ってくれ。そこに雑誌が四五冊あるから。」 彼は口笛を吹きながら、早速《さっそく》洋服に着換え出した。僕は彼に背《せ》を向けたまま、漫....
袈裟と盛遠」より 著者:芥川竜之介
もその恋人に、虐《さいな》まれ果てている私には。」 袈裟《けさ》は、燈台の火を吹き消してしまう。ほどなく、暗の中でかすかに蔀《しとみ》を開く音。それと共にうすい月の光がさす。 (大正七年三月)....
奇怪な再会」より 著者:芥川竜之介
も近々《ちかぢか》と、なつかしい男の声が聞えた。と思うといつのまにか、それは風に吹き散らされる犬の声に変っていた。…… またある時はふと眼がさめると、彼女と一....
或日の大石内蔵助」より 著者:芥川竜之介
。彼は、再度の打撃をうけて僅に残っていた胸間の春風《しゅんぷう》が、見る見る中に吹きつくしてしまった事を意識した。あとに残っているのは、一切の誤解に対する反感と....
馬の脚」より 著者:芥川竜之介
けは危険に瀕《ひん》したのに違いない。が、博士は悠然《ゆうぜん》と葉巻の煙を輪に吹きながら、巧みに信用を恢復《かいふく》した。それは医学を超越《ちょうえつ》する....
海のほとり」より 著者:芥川竜之介
、引き上げるのも悪くはないな。」 それからMは気軽そうにティッペラリイの口笛を吹きはじめた。 (大正十四年八月七日)....
」より 著者:芥川竜之介
ともなく渡る風のせいであろう、そこここに散っている桜の花も、いつの間にかこっちへ吹きよせられて、今では、雨落ちの石の間に、点々と白い色をこぼしている。 「冗談云....
初雪」より 著者:秋田滋
彼女のからだは、脳天から足の先まで、ぶるぶる顫えていた。透間風がそこらじゅうから吹き込んで来て、部屋という部屋のなかはそれで一ぱいになっているようである。敵のよ....
寡婦」より 著者:秋田滋
、彼らは、広間に集って、たいして興もなげにロト遊びをしていた。戸外では風が鎧戸に吹きつけて騒々しい音をたて、また古めかしい風見を、独楽のように、からから※してい....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
のし歩いてくるのが目に入るのではないかと恐ろしい思いをした。疾風が木々のあいだを吹き過ぎると、もしや「早駈けヘッセ人」がまたもや夜ごとの徘徊にさまよいでてきたの....
夢の如く出現した彼」より 著者:青柳喜兵衛
勿論その時分乗りものが有ろう筈もない。 然るに湧き返る青年達の血潮は玄海灘から吹きつける肌寒い夜風位いには驚きません。歌論は歌論へ、秋月は歌心へ、帰り行く友を....

「吹き」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹きつ...:4回
吹きな...:2回
吹きよ...:1回
吹き過...:1回
吹きは...:1回
吹き込...:1回
吹き消...:1回
吹き出...:1回
吹き上...:1回
吹きを...:1回
吹き散...:1回
前1文字
を吹き:5回
に吹き:4回
へ吹き:2回
ら吹き:2回
と吹き:1回
灰吹き:1回