吹く風の[語句情報] » 吹く風の

「吹く風の〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹く風のの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
源おじ」より 著者:国木田独歩
を見たり。紀州いざりき。 「わが子よ」嗄《しわ》がれし声にて呼びぬ。答なし。窓を吹く風の音|怪《あや》しく鳴りぬ。夢なるか現《うつつ》なるか。翁《おきな》は布団....
歌行灯」より 著者:泉鏡花
聞くと、どうして、思ったより出来ている、按摩|鍼の芸ではない。……戸外をどッどと吹く風の中へ、この声を打撒けたら、あのピイピイ笛ぐらいに纏まろうというもんです。....
琵琶伝」より 著者:泉鏡花
れたり。 月青く、山黒く、白きものあり、空を飛びて、傍の枝に羽音を留めつ。葉を吹く風の音につれて、 「ツウチャン、ツウチャン、ツウチャン。」 と二たび三たび....
悪獣篇」より 著者:泉鏡花
が来て、いつその姿が見えなくなったか、定かには覚えなかった。たとえば、そよそよと吹く風の、いつ来て、いつ歇んだかを覚えぬがごとく、夕日の色の、何の機に我が袖を、....
詩想」より 著者:国木田独歩
り。めさめし時は秋の日西に傾きて丘の紅葉火のごとくかがやき、松の梢を吹くともなく吹く風の調べは遠き島根に寄せては返す波の音にも似たり。その静けさ。童は再び夢心地....
人生における離合について」より 著者:倉田百三
に扱えばそれまでの偶然事で深い気持などは起こるものではない。合うも別れるも野面を吹く風の過ぎ去る如くである。しかし君臣となり、親子、夫婦、朋友、師弟、兄弟となっ....
紅毛傾城」より 著者:小栗虫太郎
る。その女の持つ毛という毛、髪という髪からは、肩に垂れた濡髪からも、また、茂みを吹く風のように、衣摺れの音でも立てそうな体毛からも、それはまたとない、不思議な炎....
火の扉」より 著者:岸田国士
の一端からは黒い雲がわきあがつていた。 雨がぽつり/\と落ちはじめた。 峰を吹く風の音が、遠い汽笛の音にまじつて聞えていた。 二階の寝室の窓から、東南一帯....
娘煙術師」より 著者:国枝史郎
かえりたい! この境地から出たい!」 ――間! しばらくは静かであった。戸外で吹く風の音ばかりが聞こえる。しかし隣り部屋から女の声が聞こえた。 「……屏風へか....
レモンの花の咲く丘へ」より 著者:国枝史郎
ます。 女子 そして老人は。 従者 どこともなく消え失せてしまいました。暗の中を吹く風のように、雲の間の流星のように……。 女子 そのように消えてしまったのかえ....
註文帳」より 著者:泉鏡花
心得ますから、ねえ、お若さん。」 お杉大明神様と震えつく相談と思の外、お若は空吹く風のよう、耳にもかけない風情で、恍惚して眠そうである。 はッと思うと少年よ....
白峰の麓」より 著者:大下藤次郎
の材料はあろうと思った。 道は漸く急になる。右に左にうねりつつ登る。上には松に吹く風の音、下にはカサコソと落葉を踏む音、それのみで天地は極めて静である。空は次....
チベット旅行記」より 著者:河口慧海
る。その水音を聞いて私の観念は非常に静かになったです。あたかも極楽世界で樹の枝に吹く風の声が正法の声と聞かれるごとく、此音もやはり仏法の音楽を奏でて居るかのごと....
南半球五万哩」より 著者:井上円了
肥沃な平野は際限もなく広がり、夜を徹して鉄道の客車にのる。三百里も遠いかなたから吹く風の中、車中の夢をむすぶ身をのせて伽耶に着いたのであった。) 仏陀伽耶懐....
融和問題に関する歴史的考察」より 著者:喜田貞吉
みじめなもので、幸いに生命の助かった落人も、いわゆる尾羽打ち枯らした浪人として、吹く風の音にも心を配りつつ、世を忍んで生きて行かねばなりません。前にも申した通り....

「吹く風の」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹く風の音...:6回
吹く風のよ...:3回
吹く風の中...:2回
吹く風の声...:1回
吹く風の調...:1回
吹く風の、...:1回
吹く風の過...:1回
前1文字
を吹く風の:6回
に吹く風の:2回
と吹く風の:2回
ら吹く風の:1回
、吹く風の:1回
で吹く風の:1回
く吹く風の:1回
空吹く風の:1回