吹く[語句情報] » 吹く

「吹く〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹くの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
戯作三昧」より 著者:芥川竜之介
の甘い匂いが衰えない。そこへ例の鳶《とび》の声がはるかな青空の向うから、時々笛を吹くように落ちて来た。 彼は、この自然と対照させて、今さらのように世間の下等さ....
犬と笛」より 著者:芥川竜之介
って、前のようにどこかへ消え失せてしまいました。 するとあくる日は、まだ、笛を吹くか吹かないのに、赤い勾玉《まがたま》を飾りにした、目の一つしかない大男が、風....
」より 著者:芥川竜之介
な声で、 「あれを二束《ふたたば》下さいな。」と云った。 埃風《ほこりかぜ》の吹く往来には、黒い鍔広《つばびろ》の帽子《ぼうし》をかぶって、縞《しま》の荒い半....
路上」より 著者:芥川竜之介
子《たつこ》と顔を合せた。 それは春先の東京に珍しくない、埃風《ほこりかぜ》の吹く午後だった。俊助は大学から銀座の八咫屋《やたや》へ額縁の註文に廻った帰りで、....
」より 著者:芥川竜之介
。丁度その日は空もほがらかに晴れ渡って、門の風鐸《ふうたく》を鳴らすほどの風さえ吹く気色《けしき》はございませんでしたが、それでも今日《きょう》と云う今日を待ち....
仙人」より 著者:芥川竜之介
、小さな衣裳や仮面《めん》にも、知らないうちに黴《かび》がはえる。冬もまた、風が吹くやら、雪がふるやらするので、とかく、商売がすたり易い。そう云う時には、ほかに....
忠義」より 著者:芥川竜之介
があって、その神前の水吹石《みずふきいし》と云う石が、火災のある毎《ごと》に水を吹くので、未嘗《いまだかつて》、焼けたと云う事のない屋敷である。第二に、五月上旬....
」より 著者:芥川竜之介
眦《めじり》に皺《しわ》をよせて、笑った。往来の影は、いよいよ長くなったらしい。吹くともなく渡る風のせいであろう、そこここに散っている桜の花も、いつの間にかこっ....
小さき者へ」より 著者:有島武郎
今日はいよいよ退院するという日は、霰《あられ》の降る、寒い風のびゅうびゅうと吹く悪い日だったから、私は思い止らせようとして、仕事をすますとすぐ病院に行ってみ....
惜みなく愛は奪う」より 著者:有島武郎
要欠くべからざる要素となった。お前の凡ての枝は、等しく日光に向って、喜んで若芽を吹くべき運命に逢い得たのだ。その時お前は永遠の否定を後ろにし、無関心の谷間を通り....
霊界通信 小桜姫物語」より 著者:浅野和三郎
おくれがして、少しでも時刻を延ばしたいのでした。 お爺さんはと見れば何所に風が吹くと言った面持で、ただ黙々として、あちらを向いて景色などを眺めていられました。....
旅なかま」より 著者:アンデルセンハンス・クリスチャン
かに晴れた青空の上からあたたかく照りかがやいて、峰と峰とのあいだから、りょうしの吹く角笛が、いかにもおもしろく、たのしくきこえました。きいているうちにもう、うれ....
蜜柑」より 著者:芥川竜之介
ばならなかった。が、小娘は私に頓着する気色も見えず、窓から外へ首をのばして、闇を吹く風に銀杏返しの鬢の毛を戦がせながら、じっと汽車の進む方向を見やっている。その....
兄貴のような心持」より 著者:芥川竜之介
。唯、この弟たるべき自分が、時々向うの好意にもたれかゝって、あるまじき勝手な熱を吹く事もあるが、それさえ自分に云わせると、兄貴らしい気がすればこそである。 こ....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
い鼻とがくっついているさまは、まるで風見の鶏が、彼の細い首のうえにとまって、風の吹く方向を告げているようだった。風の強い日に彼が丘の背を大股で歩き、洋服をばくば....

「吹く」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹くと...:2回
吹くべ...:1回
吹く悪...:1回
吹く角...:1回
吹く風...:1回
吹く方...:1回
吹く事...:1回
吹くの...:1回
吹く往...:1回
吹くか...:1回
吹く午...:1回
吹く気...:1回
吹くや...:1回
吹くよ...:1回
前1文字
を吹く:6回
の吹く:4回
が吹く:2回
と吹く:1回
え吹く:1回
。吹く:1回