吹けば飛ぶよう[語句情報] » 吹けば飛ぶよう

「吹けば飛ぶよう〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹けば飛ぶようの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
三浦老人昔話」より 著者:岡本綺堂
ったということがお話の種になるのです。そのつもりでお聴きください。 その大名は吹けば飛ぶような木葉大名でなく、立派に大名の資格を具えている家柄の殿様でしたが、....
猿飛佐助」より 著者:織田作之助
、妙なことを口走って、子分共を叱り飛ばした。 すると、手ふいごの風之助という、吹けば飛ぶようなひょうきんな男が、 「親分、肩の凝りなら、灸よりも蛭に血を吸わせ....
清貧の書」より 著者:林芙美子
、僕に、なるべく悪い事を聞かすまい、弱味を見せまいとしているらしいが、そンな事は吹けば飛ぶような事だ。マア、とにかく困った習癖《しゅうへき》だと云っておこう。同....
石狩川」より 著者:本庄陸男
が果して動揺しないかどうか。半信半疑をその生活の仕方にあらわした大部分のものは、吹けば飛ぶような草小屋で商いをはじめていた。いざと云えば、ひと抱えに掴《つか》ん....
爆弾太平記」より 著者:夢野久作
一つのスバラシイ復讐事件にブツカッて来るんだ。しかもその事件の主人公というのは、吹けば飛ぶような貧乏|老爺に過ぎないのに、その相手というと南朝鮮各道の検事、判事....
書斎」より 著者:辻潤
ら、それを見物して自分が興味を持つだけに留めて、自分は竹の柱にカヤの屋根のような吹けば飛ぶような一間に寝ころんで、秋の月でも眺め虫の声でもきいて、さて尺八でも吹くことにしようか。....
悟浄出世」より 著者:中島敦
、とにかく自分の重量を有《も》っていたように思う。それが今は、まるで重量のない・吹けば飛ぶようなものになってしまった。外《そと》からいろんな模様を塗り付けられは....
レ・ミゼラブル」より 著者:豊島与志雄
丁のようなチョッキ、粗末な麻のシャツ、粗末なラシャのズボン、粗末な皮の靴、そして吹けば飛ぶようなことをしゃべりちらしてる。そういう片言で破《やぶ》れ靴《ぐつ》の....
自警録」より 著者:新渡戸稲造
もので、人の前に出ると、声が顫《ふる》え、碌々《ろくろく》物を言えぬものもある。吹けば飛ぶような華奢《きゃしゃ》な姿したものでも、さらに物に動ぜぬものもある。ゆ....
決闘」より 著者:神西清
ず、ペテルブルグで相当な人間と言われる人なら誰一人知ってはいまいと思われるこんな吹けば飛ぶような町の、名もない小っぽけな連中の言うことをなぜ尊重できたのか、われ....
釘抜藤吉捕物覚書」より 著者:林不忘
れ》を手にしながら、異常に光る視線を藤吉は、今起き上って来た彦兵衛へ向けた。 「吹けば飛ぶような手前《てめえ》の重さで毀れる箱が、どうしてこの大男の足場になった....
恐怖の季節」より 著者:三好十郎
て否定的に語りたがる志賀直哉その他の私小説作家たちの前に持って行っても、ほとんど吹けば飛ぶような程度のものである)を自らバクロしていて、前述の私の推測が或る程度....
好日」より 著者:三好十郎
いようと言う量見を捨て切れないために、科学の独立がどうのこうの、文壇や劇壇なんて吹けば飛ぶようなものが、うんだのつぶれたのとゴタゴタやった末が、見ろ! 却って、....
俳優への手紙」より 著者:三好十郎
からである。そして、そのためにこそ僕は、その様な劇作家の「人生意気に感ず」式の、吹けば飛ぶような軽薄な感傷(それ自体としては概して善意に基くものである事を僕が知....
ファウスト」より 著者:ゲーテヨハン・ヴォルフガング・フォン
書生だな。学生もやっぱり 好でそう云う風に修行し続けるのだ。そして 天分相応な、吹けば飛ぶような家を建てる。 大学者だって、家が落成するとまでは行かぬ。 所で君....

「吹けば飛ぶよう」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹けば飛ぶような...:15回
前1文字
、吹けば飛ぶよう:5回
て吹けば飛ぶよう:2回
は吹けば飛ぶよう:2回
な吹けば飛ぶよう:2回
ど吹けば飛ぶよう:1回
「吹けば飛ぶよう:1回
・吹けば飛ぶよう:1回
。吹けば飛ぶよう:1回