吹っ掛ける[語句情報] » 吹っ掛ける

「吹っ掛ける〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹っ掛けるの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
新ハムレット」より 著者:太宰治
へどを吐くは禁物。すべての人に侮られる。大声でわめいて誰かれの差別なく喧嘩口論を吹っ掛けるのも、人に敬遠されるばかりで、何一ついい事が無い。なるべくなら末席に坐....
つづれ烏羽玉」より 著者:林不忘
「さ、あたしもこうしちゃいられないよ。あの鎧櫃はいくらなのさ」 八両、と閑山が吹っ掛けると、女はぐっと前へこごんで、すごいほど透んだ低声《こごえ》で、 「お爺....

「吹っ掛ける」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹っ掛けると:1回
吹っ掛けるの:1回
前1文字
が吹っ掛ける:1回
を吹っ掛ける:1回