吹井[語句情報] » 吹井

「吹井〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹井の前後の文節・文章を表示しています。該当する4件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
彼岸過迄」より 著者:夏目漱石
供養塔《くようとう》と刻《きざ》んであった。その下に熊笹《くまざさ》の生い茂った吹井戸を控えて、一軒の茶見世が橋の袂《たもと》をさも田舎路《いなかみち》らしく見....
田舎教師」より 著者:田山花袋
いる。煙草屋、うどん屋、医師の大きな玄関、塀の上にそびえている形のおもしろい松、吹井が清い水をふいている豪家の前を向こうに出ると、草の生えた溝があって、白いペン....
鴎外の思い出」より 著者:小金井喜美子
火入れを出し、横にしたのを枕にして、目を閉じて寝ていらっしゃいます。私は目の下に吹井戸のあるのに気がついて、行って見たくてなりません。そっとお兄様の傍へ行って、....
鳴門秘帖」より 著者:吉川英治
迎え申し上げる。 そこではまた、きれいな舞妓や色子たちが、団扇の風を送るやら、吹井の水で手拭を冷やしてくるやら、女が女をとり巻いて、何しろ大したもて方である。....

「吹井」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹井戸:2回
吹井の:1回
吹井が:1回
前1文字
、吹井:2回
に吹井:1回
た吹井:1回