吹込む[語句情報] » 吹込む

「吹込む外〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

吹込む外の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
すみだ川」より 著者:永井荷風
に見せる。長吉はこの夕陽の光をば何という事なく悲しく感じながら、折々《おりおり》吹込む外の風が大きな波を打《うた》せる引幕の上を眺めた。引幕には市川《いちかわ》....

「吹込む外」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
吹込む外の:1回
前1文字
》吹込む外:1回