回瀾[語句情報] » 回瀾

「回瀾〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

回瀾の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
近時政論考」より 著者:陸羯南
これを先生近来の事業の端緒となす。すでにして世運正に欧化時代に際す、先生ますます回瀾事業の必要を感じ、まさに大いに道を弘めて時弊を匡救せんとす、当時政論の中衰せ....

「回瀾」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
回瀾事:1回
前1文字
す回瀾:1回