天の河[語句情報] » 天の河

「天の河〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

天の河の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
吾輩は猫である」より 著者:夏目漱石
る幽邃《ゆうすい》な梵刹《ぼんせつ》です。森から上はのべつ幕なしの星月夜で、例の天の河が長瀬川を筋違《すじかい》に横切って末は――末は、そうですね、まず布哇《ハ....
半七捕物帳」より 著者:岡本綺堂
ながらの話し声で賑わっていた。半七も物干へあがって、今夜からもう流れているらしい天の河をながめていると、下から女房のお仙が声をかけた。 「ちょいと、お粂さんが来....
思い出の記」より 著者:小泉節子
と約束しました。それから、この人の墓に花や香を持って、二人で参詣致しました。 『天の河』の話でも、ヘルンは泣きました。私も泣いて話し、泣いて聴いて、書いたのでし....
みみずのたはこと」より 著者:徳冨健次郎
思議な言いつぎが来て、三日の夜の十一時半から二時頃まで、庭の※の木に提灯つるして天の河の下で物語りなどして過ごした外は、唯一夜も家の外には寝ませんでした。四日に....
水の女」より 著者:折口信夫
た。 地上の斎河に、天上の幻を浮べることができるのだから、天漢に当る天の安河・天の河も、地上のものと混同して、さしつかえは感じなかったのである。たなばたつめは....
明治三十二年頃」より 著者:寺田寅彦
と思われる。 裏絵や図案の募集もあって数回応募した。最初に軒端の廻燈籠と梧桐に天の河を配した裏絵を出したら幸運にそれが当選した。その次に七夕棚かなんかを出した....
探偵夜話」より 著者:岡本綺堂
呼ばれてわたくしも出てみると、星はさっきよりもおびただしい数を増して、どれが天の河だか判らないくらいに、低い空一面にかがやいていました。外には暗い杉の木立が....
」より 著者:国木田独歩
に帰りぬ。 女星は早くも詩人が庭より立ち上る煙を見つけ、今宵はことのほか寒く、天の河にも霜降りたれば、かの煙たつ庭に下りて、たき火かきたてて語りてんというに、....
高千穂に思う」より 著者:豊島与志雄
り道になる。これで第二段階は終ったのだ。次で第三段階の登攀となる。その登り口を、天の河原という。天孫を記念するささやかな碑がある。今やこの天の河原も、霧に巻かれ....
人生における離合について」より 著者:倉田百三
ではあるまいかというようなことも思い浮かべられるのである。 別るるや夢一とすぢの天の河 (『婦人公論』一九四二・一〇・所載)....
歳時記新註」より 著者:寺田寅彦
六千年の星霜を経ねばならぬ。今から一万二、三千年の子孫の世には北極はとんでもない天の河のはずれを向いて、七夕の星が春見えるような事になる。こんな変化の起る訳は地....
釘抜藤吉捕物覚書」より 著者:林不忘
にも土饅頭を盛って相前後して足を払い、三人が町へ出た時、照降町の空高くしらじらと天の河が流れていた。 素人八卦は当ったのかわれながら不思議なぐらいだが、幽明の....
中世の文学伝統」より 著者:風巻景次郎
そ桜花いまだ見なくに散らまく惜しも 万葉 一〇 秋風に夜のふけゆけばひさかたの天の河原に月かたぶきぬ ぬばたまの夜はふけぬらし雁がねのきこゆる空に月かたぶきぬ....
消えた美しい不思議なにじ」より 著者:小川未明
、もう黄金の砂を河の中に投げることを止めてしまいました。下界から遠く空を仰ぐと、天の河の色がだんだんと白くなって、そのときから黄金に輝いて見えなくなったのであり....
私の履歴書」より 著者:井上貞治郎
、つまり早く早く、とせき立てながら監督するわけだ。だがこの仕事はかげひとつない炎天の河原で一日中立っていなければならない。なれないことでもあり、精神、肉体の両方....

「天の河」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
天の河の...:3回
天の河原...:3回
天の河を...:2回
天の河が...:2回
天の河 ...:1回
天の河に...:1回
天の河も...:1回
天の河』...:1回
天の河だ...:1回
前1文字
の天の河:3回
、天の河:3回
い天の河:2回
炎天の河:1回
が天の河:1回
と天の河:1回
・天の河:1回
『天の河:1回
て天の河:1回
に天の河:1回