天の羽衣[語句情報] » 天の羽衣

「天の羽衣〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

天の羽衣の前後の文節・文章を表示しています。該当する6件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
水の女」より 著者:折口信夫
あったのである。 七処女の真名井の天女・八処女の系統の東遊天人も、飛行の力は、天の羽衣に繋っていた。だが私は、神女の身に、羽衣を被るとするのは、伝承の推移だと....
白い鳥」より 著者:楠山正雄
いで行ったものに違いない。するとあの八|人の少女たちは天女で、これこそ昔からいう天の羽衣というものに違いない。」 こう独り言をつぶやきながら、そっと羽衣を一|....
自由人」より 著者:豊島与志雄
。」 「天から降って来たのよ。もうお忘れなすったの。そんなぺらぺらな着物、まるで天の羽衣みたいだって、あちらで、なんども仰言ったじゃないの。」 「ああ、天の羽衣....
なよたけ」より 著者:加藤道夫
美しい夜じゃ。天人達は、空を飛ぶ月の車に乗ってこの現し世に舞い下りて来るのじゃ。天の羽衣を持ってこの現し世に舞い下りて来るのじゃ。 文麻呂 お爺さん! 合唱 ....
南半球五万哩」より 著者:井上円了
のカミシモは、この服装より起こりしならんとの説あり。また、わが昔話の三保の松原の天の羽衣は、フィリピン人の服を見て想像をえがきたるものならんとの説あり。物を運ぶ....
中世の文学伝統」より 著者:風巻景次郎
る凜々とした、たるみのない統一力によってである。 ゆふされば秋かぜ涼したなばたの天の羽衣たちやかふらむ 夕されば秋風さむしわぎもこがとき洗ひ衣ゆきてはやきむ ....

「天の羽衣」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
天の羽衣は:1回
天の羽衣た:1回
天の羽衣を:1回
天の羽衣み:1回
天の羽衣と:1回
天の羽衣に:1回
前1文字
の天の羽衣:2回
。天の羽衣:1回
で天の羽衣:1回
う天の羽衣:1回
、天の羽衣:1回