天の逆鉾[語句情報] » 天の逆鉾

「天の逆鉾〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

天の逆鉾の前後の文節・文章を表示しています。該当する4件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
電気看板の神経」より 著者:海野十三
向けに白い胸を高く聳かして死んでいた。その左の乳下には一本の短刀が垂直に突っ立ち天の逆鉾のような形に見えた。どす黒い血潮が胸半分に拡がりそれから腋の下へと流れ落....
高千穂に思う」より 著者:豊島与志雄
だ。それが絶頂だった。 私はまず、鉄柵のなかの岩石の堆積に逆さにつきささってる天の逆鉾に向って、暫く瞑目した。それから、地面を匐ってる草の上に腰を下して、携え....
自由人」より 著者:豊島与志雄
い思いである。遠く人寰を離れて、千五百メートルの寂寥な高所での、その温い思いは、天の逆鉾に纏わる伝説などから得らるるものではなく、平凡な人の姿と鳥の鳴き声から得....
知々夫紀行」より 著者:幸田露伴
また梯子を上り、百万遍の念珠、五百羅漢、弘法大師の護摩壇、十六善神などいうを見、天の逆鉾、八大観音などいうものあるあたりを経て、また梯子を上り、匍匐うようにして....

「天の逆鉾」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
天の逆鉾に:2回
天の逆鉾、:1回
天の逆鉾の:1回
前1文字
、天の逆鉾:2回
る天の逆鉾:1回
ち天の逆鉾:1回