天の邪鬼[語句情報] » 天の邪鬼

「天の邪鬼〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

天の邪鬼の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
十月の末」より 著者:宮沢賢治
寄せて聞いていましたが、俄《にわ》かに善コがびっくりする位叫びました。 「ほう、天の邪鬼の小便ぁ永ぃな。」 そこで嘉ッコが飛びあがって笑っておばあさんの所に走....

「天の邪鬼」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
天の邪鬼の:1回
前1文字
、天の邪鬼:1回