天の門[語句情報] » 天の門

「天の門〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

天の門の前後の文節・文章を表示しています。該当する5件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
半七捕物帳」より 著者:岡本綺堂
次郎が来た。 「お角の居どころは知れました。浅草の茅町《かやちょう》一丁目、第六天の門前に小さい駄菓子屋があります。おそよという婆さんと、お花という十三四の孫娘....
黒死館殺人事件」より 著者:小栗虫太郎
ん、事によると、僕は幻覚を見ているのかもしれませんが、この事件に――|しかるに上天の門は閉され――と思われる節があるのですが」と法水は、門という一字をミルトンの....
十二支考」より 著者:南方熊楠
ばぬといい、帝|瞋《いか》りてエを天より逐い堕す。エ天に登りて仕返しをと思えど、天の門番リズワンの大力あるを懼《おそ》れ、蛇を説いて自分を呑んで天に往き密《そっ....
獄中への手紙」より 著者:宮本百合子
其処に一つ大理石のアーチが立っています。ヤルタの方から来るとそのアーチは、まるで天の門のように青空をくぎって立って居り、其処をくぐってセバストーポリの古戦場の曠....
海豹」より 著者:マクラウドフィオナ
のように、風のなかにある一枚の葉のように。 「コラムよ、まだあなたの時は来ない、天の門が深く根ざしている深淵の中なる永遠の生命の泉のましろい光に浴している私は、....

「天の門」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
天の門が:1回
天の門の:1回
天の門番:1回
天の門は:1回
天の門前:1回
前1文字
、天の門:2回
で天の門:1回
上天の門:1回
六天の門:1回