天は二物を与えず[語句情報] » 天は二物を与えず

「天は二物を与えず〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

天は二物を与えずの前後の文節・文章を表示しています。該当する3件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
めでたき風景」より 著者:小出楢重
いえば、まったく精力と健康も必要だろう。それで本当にいい作品が出来れば幸いだが、天は二物を与えずともいわれている。 それらの健康と太き神経なく、金持ちの応接室....
油絵新技法」より 著者:小出楢重
いえば、まったく精力と健康も必要だろう。それで本当にいい作品が出来れば幸いだが、天は二物を与えずともいわれている。 それらの健康と太き神経なく、金持ちの応接室....
天草四郎の妖術」より 著者:国枝史郎
め男色流行の寛永年間として諸人に渇仰されたことは沙汰の限りでありました。 併し天は二物を与えず、四郎は利口ではありませんでした。是を講釈師に云わせますと「四郎....

「天は二物を与えず」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
天は二物を与えずと:2回
天は二物を与えず、:1回
前1文字
、天は二物を与えず:2回
し天は二物を与えず:1回