学行[語句情報] » 学行

「学行〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

学行の前後の文節・文章を表示しています。該当する12件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
運命」より 著者:幸田露伴
に啓して曰く、臣願わくは託する所有らんと。王何ぞと問う。衍曰く、南に方孝孺あり、学行あるを以て聞ゆ、王の旗城下に進むの日、彼必ず降らざらんも、幸に之を殺したもう....
新ハムレット」より 著者:太宰治
です。わしには、よくわかっています。さっき臣下の前では、わしは、他の理由で君の大学行きを止めましたが、いや、たしかに、あの時申した事も重要な理由でしたが、それよ....
読書法」より 著者:戸坂潤
者や道友の一人なのだろう。――だが私は遂々フキだしてしまったのである。次郎氏、哲学行者の本を剽竊して『改造』に論文を書く! 何と愉快ではないか。 ところが問題....
おのずから低きに」より 著者:宮本百合子
それと同様に、一応野望的な作家の心に湧いたより活溌な、より広汎な、より社会的な文学行動への欲望が、その当然な辛苦、隠忍、客観的観察、現実批判の健康性を内外から喪....
婦人と文学」より 著者:宮本百合子
としての文筆の業を確立させたいと思う切実な焦心とは、複雑な心理のかげとなって、文学行路の上に射し落ちて来ている。一生懸命に文学を励んで行くしか生きとおす道はない....
商売は道によってかしこし」より 著者:宮本百合子
きり、利益を目当としたものとして行われている今日の社会では、出版企業につながる文学行動の一つのあらわれとしての小説にも、商売的いきさつは、かかわって来ざるを得な....
五〇年代の文学とそこにある問題」より 著者:宮本百合子
た。むかし『新潮』などの慣例であった月評座談会の形式が『文学界』その他に新しい文学行政的顔ぶれで復活した。その席では、二十世紀のこの時期に動いている世界社会の苦....
五月のことば」より 著者:宮本百合子
とは、「小説病」は防がれ治癒されなければならないと考えている。そのための必要な文学行動はとりもなおさずジャーナリズムを支配しようとしているのと本質においてはひと....
「下じき」の問題」より 著者:宮本百合子
はじめた。民主主義文学運動は、批評の能力において欠けていたばかりでなく、新しい文学行動の創造力を日本の国土にめざましてゆく力においても欠けていた。 従来の市民....
婦人作家」より 著者:宮本百合子
ない自分たち女というものをアッピールすることによって、平林たい子とまたちがった文学行路を辿った。彼女たちがしめした道行は、田村俊子の生活と文学にみられなかった、....
現代日本の思想対立」より 著者:戸坂潤
性化し、その内部に蔵せられた巨大なるエネルギーを計画され統制されたるこの正しき科学行動へ」動員しようとしているが、科学のジャーナリズムへの展開とみられよう。科学....
線香の火」より 著者:中谷宇吉郎
本筋であって、他の方面はいわば傍系である。もちろん教育は非常に大切であり、また科学行政のような仕事も、国家的見地から見れば、区々たる研究などよりも、もっと重要で....

「学行」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
学行動:5回
学行路:2回
学行政:2回
学行者:1回
学行き:1回
学行あ:1回
前1文字
文学行:7回
科学行:2回
哲学行:1回
大学行:1回
、学行:1回