学術会議[語句情報] » 学術会議

「学術会議〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

学術会議の前後の文節・文章を表示しています。該当する3件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
国立国会図書館」より 著者:中井正一
あった。その後一年の今、二十四の図書館が、アメリカにない偉容をもって各省その他(学術会議をもふくめて)にできて、三百八十万冊の図書館資料を、一つの統一のもとに動....
数学史の研究に就きて」より 著者:三上義夫
究もまたこれを取りまとめることを希望して居る。 大正十五年の秋、東京で汎太平洋学術会議の開かれたとき、学術研究会議では『日本科学総覧』と題する英文の一書を編纂....
国会図書館の窓から」より 著者:中井正一
に出版後一月で日本の出版図書のカードが印刷され得るところまで到達する予定である。学術会議の図書館も支部図書館となることで、全学術文献は雑誌所載の内容を、小さくま....

「学術会議」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
学術会議の:2回
学術会議を:1回
前1文字
。学術会議:1回
洋学術会議:1回
(学術会議:1回