実が入る[語句情報] » 実が入る

「実が入る〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

実が入るの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
吉原新話」より 著者:泉鏡花
ようよ……髪ばかり長くなって、段々命が縮むんだわねえ。――兄さん、」 と、話に実が入るとつい忘れる。 「可哀相よ。そして、いつでもそうなの、見舞に行くたんびに....
みみずのたはこと」より 著者:徳冨健次郎
に、わざ/\鴻の巣在の何宮さんまで出かける若者もある。二十歳前後が一番百姓仕事に実が入る時ですから、とこぼす若い爺さんもある。然し全国皆兵の今日だ。一人息子でも....

「実が入る」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
実が入る時:1回
実が入ると:1回
前1文字
に実が入る:2回