射込む[語句情報] » 射込む

「射込む〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

射込むの前後の文節・文章を表示しています。該当する12件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
海に生くる人々」より 著者:葉山嘉樹
てしまうんだ。彼は自分が二度も沈没に際会した時の事を思い浮かべては、その難破船に射込むような目を投げていた。 その小さな五百トンぐらいの小蒸汽船は、北海道沿岸....
蟹工船」より 著者:小林多喜二
た。小寒い雨がまだ止んでいなかった。四囲にもりもりと波がムクレ上ってくると、海に射込む雨足がハッキリ見えた。それは原始林の中に迷いこんで、雨に会うのより、もっと....
もの思う葦」より 著者:太宰治
所に、射込んだふうの矢を真実と呼んでほめそやす。けれども、そんな判り切った弱さに射込むよりは、それを知っていながら、わざとその箇所をはずして射ってやって、相手に....
石狩川」より 著者:本庄陸男
先で叫んだ。 「どうやら堀さんのようじゃの」と阿賀妻は眼をほそめた。直接に先方に射込むようなよく徹《とお》る声でまッ直ぐに云った。よろこびが彼の顔にみなぎった。....
ドグラ・マグラ」より 著者:夢野久作
振返ってニヤニヤと冷笑した。その瞬間に、その鼻眼鏡の二つの硝子玉が、南側の窓から射込む青空の光線をマトモに受けて、真白く剥き出された義歯と共に、気味悪くギラギラ....
われらの家」より 著者:宮本百合子
て、家への通路らしい落付きは何処にも無かった。 朝、日が昇ると一緒に硝子窓から射込む光線が縞に成って寝室に流れ込むほど、建物も粗末だった。 五つの年から、畑....
ガリバー旅行記」より 著者:スウィフトジョナサン
十名が立会のうえで、あなたを地面に寝かせ、あなたの眼球に、鋭く尖った矢を、何本も射込む手筈になっています。 私はたゞ、ありのまゝを、あなたにお知らせしたのです....
少年の死」より 著者:豊島与志雄
りの格子先の四畳半に彼は寝かされた。枕頭の煤けた櫺子窓からほの白い夜明けの光りが射込むのを見ながら、うとうととして表を通る人の足音や車の音を聞いているのが、彼に....
ジャン・クリストフ」より 著者:豊島与志雄
して音楽というものは、なんと言っても、普遍的な言葉ではない。万人の心に音響の矢を射込むためには、言語の弓が必要である。 クリストフは、日常生活から鼓吹された一....
秘密の庭」より 著者:チェスタートンギルバート・キース
では少しもないので、新しい首の所へ行って、眼をしばたたきながら検べた。それは横に射込む赤い朝陽を受けて、銀白色の火をもって飾られた、ベタベタした白髪の束としか見....
転向」より 著者:和辻哲郎
うしてその際、自欺の衣を剥ぎ偽善の面をもぐような、思い切った皮肉の矢を痛がる所へ射込む、ということに、知らず知らず興味を感じていないとは言えない。 私はかつて....
活人形」より 著者:泉鏡花
らずや見えざるかと、あらゆる部屋を漁り来て、北の台の座敷牢を念のため開き見れば、射込む洋燈の光の下に白く蠢くもののあるにぞ、近寄り見れば果せるかな、下枝はここに....

「射込む」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
射込むよ:3回
射込む赤:1回
射込む、:1回
射込む洋:1回
射込むた:1回
射込む手:1回
射込む雨:1回
射込む青:1回
射込む光:1回
射込むの:1回
前1文字
に射込む:5回
ら射込む:2回
へ射込む:1回
、射込む:1回
が射込む:1回
も射込む:1回
を射込む:1回