将器[語句情報] » 将器

「将器〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

将器の前後の文節・文章を表示しています。該当する3件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
三国志」より 著者:吉川英治
悔いを眉ににじませている――が彼はすぐその非を知った。 「わしは将だ。彼は部下。将器たるわしの不才が招いた過ちだ」 さしずめ玄徳は、落ちてゆく道を求めなければ....
三国志」より 著者:吉川英治
およそ、将たる人は、天文に通じ、地理に精しく、陣団の奇門を知らずしては、いわゆる将器とはいわれますまい。雲霧の蒸発などは、大地の気温と、雲行風速を案じ合すれば、....
私本太平記」より 著者:吉川英治
はなくなろう。坂東武者というやつは、元来がそういうところで自己を託している人間の将器というものの軽重を、内々、測っているやつだ。 「義助。そちの一手はここへ残す....

「将器」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
将器と:2回
将器た:1回
前1文字
の将器:1回
る将器:1回
。将器:1回