将棊[語句情報] » 将棊

「将棊は〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

将棊はの前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
開扉一妖帖」より 著者:泉鏡花
は、小浜屋が流転の前後――もともと世功を積んだ苦労人で、万事じょさいのない処で、将棊は素人の二段の腕を持ち、碁は実際初段うてた。それ等がたよりで、隠居仕事の寮番....

「将棊は」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
将棊は素:1回
前1文字
、将棊は:1回