将棊[語句情報] » 将棊

「将棊盤〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

将棊盤の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
琴のそら音」より 著者:夏目漱石
ゃく》に持ちながらちょっと火鉢の方を見る。 源さんは火鉢の傍《そば》に陣取って将棊盤《しょうぎばん》の上で金銀二枚をしきりにパチつかせていたが「本当にさ、幽霊....

「将棊盤」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
将棊盤の:1回
前1文字
て将棊盤:1回