廃屋[語句情報] » 廃屋

「廃屋〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

廃屋の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
神州纐纈城」より 著者:国枝史郎
りましょう。しばらくお待ちくださいますよう。……どうぞお上がりくださいまし。穢い廃屋ではございますが、庭よりはましでございます」しかし主水はこう進められても座敷....
高島異誌」より 著者:国枝史郎
の神仙道に、憧憬の心を運ぶようになった。 昔のままに残っている先祖から譲られた廃屋に住み、再び近所の子供を集めて、名賢の教えを説く傍山野の間を跋渉して、努めて....
骸骨館」より 著者:海野十三
入った。南瓜畑の中を腰のあたりまでかくしてかさかさと音をさせながら前進して行く。廃屋の一つを越え、さらにもう一つの廃屋を通りすぎる。だんだんさびしさが増し、神経....
千早館の迷路」より 著者:海野十三
る。煉瓦と煉瓦をつなぐモルタルは、ところどころすごく亀裂が走っているが、いかにも廃屋らしく見える。 この本館の玄関の大戸は、手のこみ入った模様の浮彫のある真鍮....
青春論」より 著者:坂口安吾
ど、一軒の荒れ果てた庵があるが、住む人の姿はなく、又、人の住むところとも思われぬ廃屋である。と、姿のない虚空に老婆の恐ろしい声がして、いざ、私の昔を語りましょう....
小さな山羊の記録」より 著者:坂口安吾
にかこまれた高原の詩趣にみちているようだが、実状は、高原のコヤシ臭い畑の中のもう廃屋に近いようなうそ寒いところであった。 然し、汽車が、南アルプスから八ヶ岳、....
十二神貝十郎手柄話」より 著者:国枝史郎
ため、荒れた林さながらに見える、庭木の彼方に立っている、これはそういう林の中の、廃屋さながらの建物の中から、老人の歌声が響いて来た。 ※かすかに見ゆる やまの....
南蛮秘話森右近丸」より 著者:国枝史郎
も風流児の住みそうな境地だ。だがそれにしてもこの屋敷は、何と荒れているのだろう。廃屋と云っても云い過ぎではない。世が世なら伊勢の一名族、北畠氏の傍流の主人、多門....
光は影を」より 著者:岸田国士
同じ別荘地にはなつているけれども、家はごくまばらで、しかも、今は荒れるにまかせた廃屋同然の建物ばかりで、持主はあつても、今更それを役立てようというつもりはなく、....
血曼陀羅紙帳武士」より 著者:国枝史郎
いた。 屋根ばかりに月光を受けて、水のような色を見せ、窓も雨戸も、一様に黒く、廃屋のように見えている屋敷は、不幸な人々を見守るかのように、庭をへだてて立ってい....
沙漠の古都」より 著者:国枝史郎
同じ金雀子街へ帰って来たじゃありませんか。そうして、その街の街端れの、陶器工場の廃屋の中へ走り込んだという訳です。私もそこまで行きました。忽ち地上へ穴が開く、地....
おみな」より 著者:坂口安吾
彼の父親の在世の頃を思いだす。玄関に立つと、家内の気配が荒廃し恰も寒風吹きみちた廃屋に立つようであった。その気配をいやがり訪れることを躊躇した人々の顔も浮んでき....
沼畔小話集」より 著者:犬田卯
所へ煤けきった板など載せて、北側の荒壁は崩れるままにまかせてあるのだったが、その廃屋同様のM公の家が、どうしたのか立派(?)に修繕せられて、やや人の住居らしく往....
穂高岳槍ヶ岳縦走記」より 著者:鵜殿正雄
けばよい。 八丁ばかり行くと鞍部、右手には、残雪に近く石垣を周らせる屋根なしの廃屋、此処は、燃料に遠く風も強くて露営には適せぬ。北に登る四丁で三角点の立てる一....
南半球五万哩」より 著者:井上円了
の要港たるの名に背かず。海上より岸頭を望むに、四階、五階の洋館櫛比せるが、焼余の廃屋のごとくに見ゆるは奇観なり。これ、家屋の前面はシナ式に構造せるによる。横浜よ....

「廃屋」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
廃屋の...:4回
廃屋に...:3回
廃屋で...:2回
廃屋同...:2回
廃屋、...:1回
廃屋ら...:1回
廃屋さ...:1回
廃屋と...:1回
前1文字
の廃屋:4回
た廃屋:3回
、廃屋:2回
。廃屋:2回
う廃屋:1回
も廃屋:1回
い廃屋:1回
ぬ廃屋:1回