念仏門[語句情報] » 念仏門

「念仏門〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

念仏門の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
法然行伝」より 著者:中里介山
かくて配所を出でて、畿内に上り、摂津国押部という処に暫く逗留していたが、ここで念仏門に入った老若男女が夥《おびただ》しかった。 左様にして都のうちへはまだ出....
宮本武蔵」より 著者:吉川英治
附近には、堂塔|伽藍の空家がずいぶん少なくない。この辺から黒谷や吉水のあたりは、念仏門発祥の地であるので、祖師|親鸞の遺跡が多いし、念仏行者の法然房が讃岐へ流さ....

「念仏門」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
念仏門発:1回
念仏門に:1回
前1文字
、念仏門:1回
で念仏門:1回