摘まれる[語句情報] » 摘まれる

「摘まれる〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

摘まれるの前後の文節・文章を表示しています。該当する3件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
食魔」より 著者:岡本かの子
与四郎さん、こんなとこで寝てなはる。用事あるんやわ、もう起きていなあ、」鼻の尖を摘まれる。美しい年増夫人のやわらかくしなやかな指。 鼈四郎はだんだん家へ帰らな....
菊模様皿山奇談」より 著者:三遊亭円朝
実にどうも困りました」 大「手紙を何うした奪られたか」 有「それがお前さん、鼻を摘まれるのも知れねえ深更で、突然状箱へ手を掛けやアがッたから、奪られちゃアならね....
三国志」より 著者:吉川英治
、周の代にようやく宮廷の秘用にたしなまれ、漢帝の代々になっても、後宮の茶園に少し摘まれる物と、民間のごく貴人の所有地にまれに栽培されたくらいなものだとも聞いてい....

「摘まれる」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
摘まれる物:1回
摘まれるの:1回
摘まれる。:1回
前1文字
を摘まれる:2回
し摘まれる:1回