旗艦[語句情報] » 旗艦

「旗艦〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

旗艦の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
船医の立場」より 著者:菊池寛
すぐその日、蓮台寺村に移って入湯した。 翌二十一日の午後、ペリーの搭乗している旗艦《きかん》ポウワタン船《ふね》は、他の三隻を率いて、入港した。 二十二日か....
恐しき通夜」より 著者:海野十三
た。その時刻までに、わが青軍の主力は、前夜魚雷に見舞われて速力が半分に墜ちた元の旗艦『釧路』を掩護して、うまく逃げ落ちねばならなかった。それには日没前まで、航空....
空襲葬送曲」より 著者:海野十三
縮めて行った。 「いよいよ、永年憧れていた恋人が、やって来たぞ」そういったのは、旗艦陸奥の士官室に、其の人ありと聞えた剽軽な千手大尉であった。 「ほほう、どの位....
工場細胞」より 著者:小林多喜二
がウソでないことは、河田も知っていた。Y港に帝国軍艦が二十数隻入ったことがある。旗艦である「陸奥」はその艦だけの「新聞」を持っていた。新聞はこんなに色々な場合に....
夜明け前」より 著者:島崎藤村
出された。 七郎左衛門の話はくわしい。彼は水師提督ペリイの座乗した三本マストの旗艦ミスシッピイ号をも目撃した人である。浦賀の奉行がそれと知った時は、すぐに要所....
小説 不如帰 」より 著者:徳冨蘆花
て、同月十八日には樺山中将新たに海軍軍令部長に補せられ、武男が乗り組める連合艦隊旗艦松島号は他の諸艦を率いて佐世保に集中すべき命を被りつ。捨てばちの身は砲丸の的....
地球要塞」より 著者:海野十三
信のうえに立っているといわれたものですが……」 「とにかく、もう一度、連合艦隊|旗艦《きかん》へ連絡をとってみることにしよう。旗艦を呼び出したまえ」 「は」 ....
不沈軍艦の見本」より 著者:海野十三
さあたいへん。大統領の激怒である。ぐずぐずしていては、後の祟りの程もおそろしと、旗艦マサチュセッツから発せられる総爆撃雷撃の命令! と、忽ち近づく飛行機の爆音....
怪塔王」より 著者:海野十三
く、塩田大尉は、小浜兵曹長のもってきた怪電波のでている地点のしらべを、一切、艦隊旗艦にしらせました。 司令長官はこのことを聞かれると、すぐさま勿来関へむけて、....
太平洋雷撃戦隊」より 著者:海野十三
戦隊は大波の中を、もまれながら進んでいるのです。 暗澹たる前方には、この戦隊の旗艦第七潜水艦が、同じように灯火を消して前進しているはずです。又、後には、第九、....
浮かぶ飛行島」より 著者:海野十三
「はっ、川上機関大尉は只今御不在であります」 「ほう、どこへ行かれたのか」 「旗艦須磨へ行かれました。司令官のところにおられます」 「なに、司令官のところへ。....
書かれざる作品」より 著者:豊島与志雄
のだ。日本の近海を誇らかに漫歩する。そのうちに日露戦争となり、日本海の海戦には、旗艦として僚艦の先頭に立ち、縦横に駆馳して旗艦を逐い、輝かしい凱旋をする。然るに....
潜航艇「鷹の城」」より 著者:小栗虫太郎
ォークランド沖の海戦で、撃ち洩らされた独艇を怖れたからである。独逸スペイン艦隊の旗艦シャルンホルスト号には、二隻の艦載潜航艇があったのであるが、そのうち一つは傷....
昭和遊撃隊」より 著者:平田晋策
の最期を聞いて、上海《シャンハイ》にいるわが第三艦隊司令長官木村中将は決心した。旗艦『出雲《いずも》』のマストには戦闘旗がかかげられた。 そして呉淞《ウースン....
黒船前後」より 著者:服部之総
に、幕府だけでなく薩藩その他までが、自ら黒船の所有者となり、そのなかにはペリーの旗艦「サスクハナ」にひけをとらぬ、代物《しろもの》すら見出されたというわけである....

「旗艦」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
旗艦『...:2回
旗艦須...:1回
旗艦第...:1回
旗艦と...:1回
旗艦シ...:1回
旗艦「...:1回
旗艦に...:1回
旗艦へ...:1回
旗艦で...:1回
旗艦陸...:1回
旗艦ミ...:1回
旗艦松...:1回
旗艦ポ...:1回
旗艦マ...:1回
前1文字
の旗艦:5回
、旗艦:3回
隊旗艦:2回
。旗艦:2回
「旗艦:1回
|旗艦:1回
る旗艦:1回