服仕[語句情報] » 服仕

「服仕〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

服仕の前後の文節・文章を表示しています。該当する6件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
旗本退屈男」より 著者:佐々木味津三
井に吸いついていたのじゃよ」 「ま! さすがはお殿様にござります。京弥ほとほと感服仕りました」 「いや、そちの手並も、弱年ながらなかなか天晴れじゃ。これでは妹菊....
右門捕物帖」より 著者:佐々木味津三
に口なしで毒の出どころはわからねえが、いずれにしても使いにいったやつがこっそり一服仕込んで、なにくわぬ顔をしながら帰ってきたところを、毒殺してやろうとねらってい....
残されたる江戸」より 著者:柴田流星
もこれで我慢するというよりは結局その方が御意に召す始末。イヤ変りましたなと妙に感服仕って後を言わねば褒めたのやら腐したのやら頓と判らず、とはいえ詮索せぬが華だと....
新女性のルポルタージュより」より 著者:宮本百合子
が出来るだろうと思いました。 (三)仕事場書き抜き 藤川睿子 地方の町で洋服仕立屋をやっている娘の生活やその気持が出ていると思います。しかし、その率直な表....
衣服と婦人の生活」より 著者:宮本百合子
女の人ならお針だけは出来るからと、お針の内職を思いつくことは決して少くない。「和服仕立て致します」「裁縫致します」と細長く切った紙に書いた広告はその家の前に大き....
明治開化 安吾捕物」より 著者:坂口安吾
船大工、染物職などは十七銭、畳屋と経師屋などが二十一銭ぐらいで、一番高いのが、洋服仕立の四十銭だ。(和服仕立は十九銭)。夫婦に子供一人の生活で、米代が一升十銭、....

「服仕」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
服仕立:3回
服仕っ:1回
服仕込:1回
服仕り:1回
前1文字
洋服仕:2回
感服仕:2回
和服仕:1回
一服仕:1回