服地[語句情報] » 服地

「服地〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

服地の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
あらくれ」より 著者:徳田秋声
めものを持って行くことになったとき、お島はそう言って、ミシンが利いていないとか、服地が粗悪だとか、何《なん》だかんだといって、品物を突返そうとする役員をよく丸め....
或る女」より 著者:有島武郎
ずみまでは見えないが、光の照り渡る限りは、雑多に置きならべられたなまめかしい女の服地や、帽子や、造花や、鳥の羽根や、小道具などで、足の踏みたて場もないまでになっ....
器楽的幻覚」より 著者:梶井基次郎
の前へ立った。私はそれが音楽好きで名高い侯爵だということをすぐ知った。そしてその服地の匂いが私の寂寥を打ったとき、何事だろう、その威厳に充ちた姿はたちまち萎縮《....
母子叙情」より 著者:岡本かの子
決して本音を吐かぬような、しゃくれた強情な顔をしていた。 どっちとも、上質の洋服地の制服を着、靴を光らして、身だしなみはよかった。いい家の子に違いない。けれど....
人外魔境」より 著者:小栗虫太郎
固形アルコールもある。――ああ、この、短い鉛筆でくわしくは書けない。 そこで、服地をすこし破いて固形アルコールで燃すと、ぐるりがぼんやり分ってきた。何処もかも....
パルチザン・ウォルコフ」より 著者:黒島伝治
だった。銃のさきについていた剣は一と息に茶色のちぢれひげを持っている相手の汚れた服地と襦袢を通して胸の中へ這入ってしまった。相手はぶくぶくふくれた大きい手で、剣....
少年探偵長」より 著者:海野十三
は発射されたのだ。だから銃口のあたっていた服には穴があいており、その穴のまわりの服地は、焼け焦げになっていた。 ピストルの弾丸は、背中をうちぬき、うしろの壁か....
千早館の迷路」より 著者:海野十三
が出来ないのです。一体何ですか、あなたの発見したものは……」 「あの人の着ていた服地です」 「えっ、何といいました」 「田川のいつも着ている服の裏地なんです。そ....
灰色の記憶」より 著者:久坂葉子
げに、いろんな形や色をみた。母は何を買ったのかわからなかったが、そのうち私は、洋服地の売場へお供した。と、すぐ目の前に大きな人形がくるくるとまわっている。私はす....
ジーキル博士とハイド氏の怪事件」より 著者:佐々木直次郎
が着ていたなら、とてもおかしいような風に衣服を着ていた。というのは、彼の衣服は、服地こそ贅沢でじみなものではあったが、どの部分の寸法もみな彼には恐ろしく大き過ぎ....
傷痕の背景」より 著者:豊島与志雄
胸につけていた。赤い太陽と白銀の光線とが、笑うたびに、光の反映を受けて、茶褐色の服地の上に浮出した……。 時間が過ぎて、夜空に、星の光がました。露の結ぼれかけ....
光は影を」より 著者:岸田国士
欲を示していた。 多津が、いくぶん寝不足らしい眼を、ときどき妹の方に向けて、洋服地の値段の話などしかけるのを、真喜は、興味がなさそうに、生返事をしている。 ....
悲願に就て」より 著者:坂口安吾
読んだ。 芹沢光治良氏の「小役人の服」、横山属という五十すぎた小役人に課長が洋服地を投げてよこして、どうだね、これで服でも作ったらと言う。横山属はこの上役の言....
豆腐買い」より 著者:岡本かの子
て東洋へ来た。フランスから日本へは、たいした輸出品もないのだが、その中でも女の洋服地が一番崇高なものである。それで崇高な交易の途を追って日本へ来た。日本へ来てか....
明暗」より 著者:岡本かの子
しゃるの、何も皮肉じゃないのよ。本当にお立派だから人が振り返るのよ。私、実に好い服地と服屋をあなたに見つけたと思って自慢しようと思って云ったのよ」 「…………」....

「服地」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
服地の...:5回
服地と...:2回
服地が...:2回
服地を...:2回
服地こ...:1回
服地で...:1回
服地は...:1回
服地や...:1回
前1文字
洋服地:5回
の服地:4回
、服地:3回
た服地:2回
い服地:1回