服従[語句情報] » 服従

「服従〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

服従の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
桃太郎」より 著者:芥川竜之介
。こうなればあらゆる商売のように、所詮《しょせん》持たぬものは持ったものの意志に服従するばかりである。犬もとうとう嘆息《たんそく》しながら、黍団子を半分貰う代り....
侏儒の言葉」より 著者:芥川竜之介
ればならぬ。 兵卒 理想的兵卒は苟《いやし》くも上官の命令には絶対に服従しなければならぬ。絶対に服従することは絶対に批判を加えぬことである。即ち理想....
或る女」より 著者:有島武郎
は、葉子は不思議にも自分の思っているのとちょうど反対の動作をしていた。無条件的な服従という事も事務長に対してだけはただ望ましい事にばかり思えた。この人に思う存分....
或る女」より 著者:有島武郎
。それがなんであるかを自分でもはっきりとは知らずに、いわば何物かの余儀ない命令に服従するように、また寝床から立ち上がって戸棚《とだな》の中の本箱の前に行って引き....
外科室」より 著者:泉鏡花
のもとに五名の看護婦はバラバラと夫人を囲みて、その手と足とを押えんとせり。渠らは服従をもって責任とす。単に、医師の命をだに奉ずればよし、あえて他の感情を顧みるこ....
初めて見たる小樽」より 著者:石川啄木
」なるものは、けっしてありがたいものではない。人は誰しも自由を欲するものである。服従と自己抑制とは時として人間の美徳であるけれども、人生を司配すること、この自由....
性急な思想」より 著者:石川啄木
を比較的正確にかつ容易に享入《うけい》れ得る場合が少くない。 人は、自分が従来服従し来《きた》ったところのものに対して或る反抗を起さねばならぬような境地(と私....
時代閉塞の現状」より 著者:石川啄木
かの強権を敵としているようであるけれども、そうではない。むしろ当然敵とすべき者に服従した結果なのである。彼らはじつにいっさいの人間の活動を白眼をもって見るごとく....
生まれいずる悩み」より 著者:有島武郎
というだらしのない二重生活だ。おれはいったいおれに与えられた運命の生活に男らしく服従する覚悟でいるんじゃないか。それだのにまだちっぽけな才能に未練を残して、柄に....
惜みなく愛は奪う」より 著者:有島武郎
つつあることよ。 × 犠牲とか、献身とか、義務とか、奉仕とか、服従の徳の説かれるところには、私達は警戒の眼を見張らねばならぬ。かくて神学者は専....
最終戦争論」より 著者:石原莞爾
っておいても分からないから、その時になったら自分が節刀将軍を出すから、その命令に服従しろ、と言って、お釈迦様は亡くなっているのです。末法に入ってから二百二十年ば....
霊界通信 小桜姫物語」より 著者:浅野和三郎
が良人と冊くべきものはない……』ただそれっきりの事柄で、私はおとなしく父の仰せに服従したまででございます。現代の人達から頭脳が古いと思われるか存じませぬが、古い....
霊訓」より 著者:浅野和三郎
論ずるに当りては、われ等とても、勢い多少の昂奮を免れない。天授の神律に対する絶対服従の必要を、地上の人類に強調せんとする時、うっかり霊媒の体躯に対する顧慮を失い....
一利己主義者と友人との対話」より 著者:石川啄木
要が何処にあるか、とあれに書いてあったね。一応|尤もに聞えるよ。しかしあの理窟に服従すると、人間は皆死ぬ間際まで待たなければ何も書けなくなるよ。歌は――文学は作....
戦争史大観」より 著者:石原莞爾
でいる。兵の生活様式を急変することは、かれらの度胆を抜き、不慣れの集団生活と絶対服従の規律の前に屈伏させる一手段であるかも知れないが、しかし国民の兵役に対する自....

「服従」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
服従し...:5回
服従す...:4回
服従の...:3回
服従と...:2回
服従を...:1回
前1文字
に服従:7回
対服従:2回
く服従:1回
、服従:1回
。服従:1回
な服従:1回
は服従:1回
来服従:1回