服織[語句情報] » 服織

「服織〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

服織の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
水の女」より 著者:折口信夫
華開耶姫と号る。」……(日本紀一書) これは、海岸の斎用水に棚かけわたして、神服織る兄たなばたつめとほとんどおなじ性格の神女で、禊ぎに深い因縁のあることを示し....
日本上古の硬外交」より 著者:国枝史郎
媒介して日本へ渡来せしめ日本の文化を促進せしめたことであって、兄媛、弟媛、呉織、服織の四人の織女を日本へ送り、機織の業を伝えたことや、阿直岐、王仁の二学者を日本....

「服織」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
服織の:1回
服織る:1回
前1文字
、服織:1回
神服織:1回