服罪[語句情報] » 服罪

「服罪〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

服罪の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
青木の出京」より 著者:菊池寛
間に成れぬことはない。さあ、もうあちらへ行き給え」と、いった。 雄吉の沈黙を、服罪だと解釈した主人は、もうこの上責める必要もないと思ったのか、またこの不快な会....
巡査辞職」より 著者:夢野久作
、 「……シマッタ……やられた……」 と叫んで悲し気に冷笑した切り、文句なしに服罪してしまった。そうして顔色一つ変えずに兇行の顛末を白状した。 一知は中学時....
中国怪奇小説集」より 著者:岡本綺堂
で獄屋につながれた。身におぼえの無い罪ではあるが、拷問の責め苦に堪えかねて、遂に服罪することになったのである。彼は無罪の死を嘆いている時、一匹の螻蛄が自分の前を....
ある抗議書」より 著者:菊池寛
に、諦めもよいと見え、地方裁判所で死刑の宣告を受けると、控訴もしないで、大人しく服罪しました。その判決のある日でありました。私は、私達の一家の運命に、残虐な打撃....
血の文字」より 著者:黒岩涙香
の入口を鋭く見遣れり、牢番は目科の様子に気を留ずして言葉を続け「成るほどあれでは服罪しましょう、私しは一目見た時から此野郎|迚も言開は出来まいと思いました目「し....
支倉事件」より 著者:甲賀三郎
こんなうるさい訊問を二度と受けない様にしたらどうだ。一時も早く裁判に廻って、潔く服罪した方が好いじゃないか。僕も職掌上出来るだけ君の罪が軽くなるようにしようし、....
夜明け前」より 著者:島崎藤村
が強藩でも天下の敵に当たって戦うことはできまい、去年尾州殿の陣頭にさえ首を下げて服罪したくらいである、まして将軍家の進発と聞いたら驚き恐れて毛利父子が大坂に来た....
光と風と夢」より 著者:中島敦
政府では、最近、突如囚人達をカッターに乗せてトケラウス島へ移して了った。大人しく服罪している者を爆破しようというのは勿論言語道断だが、勝手に禁錮を流罪に変更する....
中国怪奇小説集」より 著者:岡本綺堂
して苦しみ叫びました。 その呵責が終った後に、道人は三人に筆と紙とをあたえて、服罪の口供を書かせ、さらに大きな筆をとってみずからその判決文を書きました。 そ....
十二支考」より 著者:南方熊楠
灰なかったから、夫を殺して後《のち》火を掛けたと、豕と比較して見せたので女争わず服罪したとあるごときも、支那人の気の付けようは格別と思われる。応挙が画くごとにそ....
旧聞日本橋」より 著者:長谷川時雨
の前に運び出してある。細君は東京によこし、自分とコックだけだったのだ。だが、彼は服罪しない。獄にもいれられた。だが、保険金は手にはいったのだ。商館では腕ききな番....
世界怪談名作集」より 著者:岡本綺堂
をながして苦しみ叫んだ。その苛責が終わったのちに、道人は三人に筆と紙とをあたえて服罪の口供を書かせ、更に大きい筆を執ってみずからその判決を書いた。その文章はすこ....
ヤミ論語」より 著者:坂口安吾
個人として、文学の名に於て裁きに服し得ざるもので、社会人としての責任に於て裁かれ服罪すべきものだ。文学者は法律によって裁かれるよりも、自我自らに裁かれることがよ....
女侠伝」より 著者:岡本綺堂
くにみえたので、県令はさてこそという気色でいよいよ厳重に吟味したが、王はなかなか服罪しない。自分は決して他人の死骸などを埋めた覚えはない。自分の家は人に知られた....
尊攘戦略史」より 著者:服部之総
府的情勢もこれで収まるかに見えた。 他方八月十八日の変以後元治元年十一月の長州服罪までの一年有余のあいだは、藩士尊攘派にとっては異状な試練期であった。全国「尊....

「服罪」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
服罪し...:9回
服罪の...:2回
服罪す...:2回
服罪ま...:1回
服罪だ...:1回
前1文字
く服罪:3回
、服罪:2回
は服罪:2回
て服罪:2回
に服罪:2回
州服罪:1回
か服罪:1回
れ服罪:1回
ず服罪:1回