服薬[語句情報] » 服薬

「服薬〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

服薬の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
業平文治漂流奇談」より 著者:三遊亭円朝
て細かに書きまして、 穗「さアこれで宜しい、此の薬を服《の》めば必ず全快致す、服薬の法もあります」 忠「医者の字は読めぬね、何《なん》ですえ、明《あきら》か....
ゴールデン・バット事件」より 著者:海野十三
田医師のもとに哀訴を繰りかえさねばならなかった。ただ然し中毒者のことであるから、服薬したあとの数時間は、普通と異らぬ爽快な気分で暮らすことが出来た。 しかしこ....
三狂人」より 著者:大阪圭吉
性な行動に出たり、或はまた理由のない自殺を企てつまらぬ感情の行違いから食事拒否、服薬拒否等の行為に出て患者自身はむろんのこと看護者に対しても社会に対しても甚だ危....
茶の本」より 著者:岡倉覚三
にし、意志を強くし、視力をととのえる効能があるために大いに重んぜられた。ただに内服薬として服用せられたのみならず、しばしばリューマチの痛みを軽減するために、煉薬....
愚人の毒」より 著者:小酒井不木
あなたの診察を乞うたのでした。その結果、おそらく食物の中毒だろうという診断で、頓服薬をお与えになりますとその効があらわれて、夕方になると嘔吐は治まり、熱も去って....
みみずのたはこと」より 著者:徳冨健次郎
夫妻は千曲川の滸に家をもち、養鶏などやって居た。而して去年の秋の暮、胃病とやらで服薬して居たが、ある日医師が誤った投薬の為に、彼女は非常の苦痛をして死んだ。彼女....
ジーキル博士とハイド氏の怪事件」より 著者:佐々木直次郎
に強力で、個性の城塞までも揺り動かすほどの薬は、ほんのちょっとでも飲み過ぎたり、服薬の時が少しでも違ったら、私が変化させようとするその実体のない肉体をすっかり抹....
肝臓先生」より 著者:坂口安吾
肝臓炎ひとつだけで、他にどこも悪いところがないと見究めたので、 「しばらく注射と服薬して、食事に気をつけていれば、まちがいなく治りますよ」 と言ってやると、 ....
現代忍術伝」より 著者:坂口安吾
てましたが、時々あたりまえに話をなさるので、マサカと思っていました。しばらく前に服薬を中止して、葡萄糖の注射で眠りをさましていましたから、今日、明日ごろ、正気に....
我が人生観」より 著者:坂口安吾
いると、今日はカゼだな、熱があるな、と思っても、安全感から、先生のすすめて下さる服薬を辞退するような気持になり、毎日先生にかかりながら、たいがい我流で処置してい....
決闘」より 著者:神西清
癒るかね。」 「癒る、手遅れでさえなければ。冷灌水浴、発泡膏。……それから何か内服薬と。」 「ふむ。……これでもう僕の現状がわかってくれたろうね。僕はとてもあの....
人生三つの愉しみ」より 著者:坂口安吾
いとダメだということは、私自身が経験からそう感じていることであるが、アンタブスは服薬を中止すると又飲めるようになるらしいから、結局薬なしでも禁酒の意力を蔵してい....
安死術」より 著者:小酒井不木
もなく、とても助からぬ病気ならば、死に際に病人を無暗に苦しませないで、注射なり、服薬なり、或はその他の方法を講じて、出来るだけ苦痛を少なくし、安楽に死なせること....
子規居士と余」より 著者:高浜虚子
して居士はまた目を覚まして、口が渇くのであろう、 「水……」と言った。妹君は先刻服薬した時のようにやはりガラスの管で飲ませた。居士はそれを飲んでから、 「今誰が....
漱石氏と私」より 著者:高浜虚子
節も若葉の初鰹のと申す贅沢も出来ず閉居の体。しかも眼がわるく胃がわるく散々な体。服薬の御蔭にて昨今は腹の鈍痛だけは直り大に気分快壮の方に候。いつか諸賢を会して惜....

「服薬」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
服薬し...:4回
服薬を...:4回
服薬の...:3回
服薬と...:2回
服薬な...:1回
服薬拒...:1回
前1文字
、服薬:5回
内服薬:2回
は服薬:1回
。服薬:1回
る服薬:1回
刻服薬:1回
と服薬:1回
頓服薬:1回
で服薬:1回
に服薬:1回