服部[語句情報] » 服部

「服部〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

服部の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
伝吉の敵打ち」より 著者:芥川竜之介
ぽう》七年の春である。伝吉はある日ふとしたことから、「越後浪人《えちごろうにん》服部平四郎《はっとりへいしろう》と云えるものの怒《いかり》を買い、あわや斬《き》....
藤十郎の恋」より 著者:菊池寛
座のわかしゅ形 藤田小平次 同上 仙台弥五七 同じ座の道化方服部二郎右衛門 同じ座の悪人形 金子吉左衛門 同じ座の狂言つくり ....
半七捕物帳」より 著者:岡本綺堂
も氷川神社も一緒でありましたが、明治の初年に神仏混淆を禁じられたので、氷川神社は服部《はっとり》坂の小日向神社に合祀《ごうし》されることになって、社殿のあとは暫....
乱世」より 著者:菊池寛
歎願誠恐誠惶 謹言 酒井孫八郎 吉村又右衛門 沢|采女 三輪権右衛門 大関五兵衛服部|石見 松平|帯刀 成瀬|隼人正様 次いで、同月十八日、官軍の先鋒が鈴鹿を....
デパートの絞刑吏」より 著者:大阪圭吉
ている人はないかを質問した。が、別に新しい報告を齎らした者はなかった。ただ、子供服部に属していると言う一人が、昨晩は歯痛のために一時頃まで眠られなかった事、その....
桶狭間合戦」より 著者:菊池寛
る色がなかった。 丸根砦の佐久間大学盛重は徒らに士を殺すを惜んで、五人の旗頭、服部|玄蕃允、渡辺大蔵、太田左近、早川大膳、菊川隠岐守に退いて後軍に合する様にす....
明治十年前後」より 著者:淡島寒月
めた。 そのうち、かの『雪中梅』の作者|末広鉄腸が、『朝日新聞』に書いた。また服部誠一翁がいろいろなものを書いた。寛(総生)は寛でさまざまなもの、例えば秘伝の....
辞書」より 著者:折口信夫
を大事にするから、昔の本にあった訓を捨てない。明治になって、やっとそれを捨てた。服部宇之吉、小柳司気太両先生の辞書あたりからだ。「菊」の訓に「かはらをはぎ」など....
」より 著者:織田作之助
は毎日就職口を探して歩き、やっとデパートの店員に雇われた。美貌を買われて、婦人呉服部の御用承り係に使われ、揉手をすることも教えられ、われながらあさましかったが、....
山椒魚」より 著者:岡本綺堂
この地へ旅行して来たのだそうです。死んだ二人は藤田みね子と亀井兼子、無事な一人は服部近子、三人ともにふだんから姉妹同様に仲よくしていたので、今度の夏休みにも一緒....
銀座の朝」より 著者:岡本綺堂
に人道を行違う、時はいま午前三時。 築地海岸にむかえる空は仄白く薄紅くなりて、服部の大時計の針が今や五時を指すと読まるる頃には、眠れる街も次第に醒めて、何処と....
淡島椿岳」より 著者:内田魯庵
に登録した時、屋号の淡島屋が世間に通りがイイというので淡島と改称したので、本姓は服部であった。かつ椿岳は維新の時、事実上淡島屋から別戸して小林城三と名乗っていた....
西航日録」より 著者:井上円了
接見す。午後、神戸入津。哲学館得業生潮田玄乗氏来訪あり。翌十七日午前上陸、県知事服部一三君および特別館賓伊藤長次郎氏を訪問す。午後伊藤氏、余を送りて本船に至る。....
梟の眼」より 著者:大倉燁子
、自分と同じように指輪に見入っていたが、あれはお客さんではなかったのか知ら? 洋服部あたりには、よくああしたモダンな人を見受けるから、あの女もやはり店員の一人だ....
新古細句銀座通」より 著者:岸田劉生
私は明治二十四年に銀座の二丁目十一番地、丁度今の服部時計店のところで生れて、鉄道馬車の鈴の音を聞きながら、青年時代までそこで育っ....

「服部」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
服部の...:2回
服部近...:1回
服部で...:1回
服部一...:1回
服部時...:1回
服部あ...:1回
服部宇...:1回
服部誠...:1回
服部坂...:1回
服部二...:1回
服部石...:1回
服部に...:1回
服部玄...:1回
服部平...:1回
前1文字
は服部:3回
、服部:2回
呉服部:1回
事服部:1回
洋服部:1回
の服部:1回
。服部:1回
た服部:1回
衛服部:1回
供服部:1回
》服部:1回
方服部:1回