根上り[語句情報] » 根上り

「根上り〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

根上りの前後の文節・文章を表示しています。該当する6件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
神鷺之巻」より 著者:泉鏡花
の屋根を、森々と暗いまで緑に包んだ、棟の鰹木を見れば、紛うべくもない女神である。根上りの根の、譬えば黒い珊瑚碓のごとく、堆く築いて、青く白く、立浪を砕くように床....
化銀杏」より 著者:泉鏡花
曇を帯びて、見るに俤晴やかならず、暗雲一帯|眉宇をかすめて、渠は何をか物思える。根上りに結いたる円髷の鬢頬に乱れて、下〆ばかり帯も〆めず、田舎の夏の風俗とて、素....
伊勢之巻」より 著者:泉鏡花
これは申上げるまでもござりませぬ、五十鈴川の末、向うの岸、こっちの岸、枝の垂れた根上り松に纜いまして、そこへ参る船もござります。船頭たちがなぜ素袍を着て、立烏帽....
」より 著者:田中貢太郎
兵衛は夢中になって石を拾って投げたり、枝を拾って揮り廻したりした。 雁はやがて根上りと云う処まで往って、其処の小山の松林の上を越して、落ちかけた夕陽の光に腹を....
一世お鯉」より 著者:長谷川時雨
も共鳴するものを噛《か》みつくしているからだ」 といったようなことであった。あの根上りの飛上った小さな丸髷《まるまげ》が、あの人の一面を代表しているようには見え....
環礁」より 著者:中島敦
いるのだ。二人ともせいぜい四歳《よっつ》になったばかりかと思われる。大きな椰子の根上りした、その鬚《ひげ》だらけの根元に立っているので、余計に小さく見えるのであ....

「根上り」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
根上りの:2回
根上りし:1回
根上りと:1回
根上り松:1回
根上りに:1回
前1文字
。根上り:2回
の根上り:2回
た根上り:1回
て根上り:1回