根付き[語句情報] » 根付き

「根付き〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

根付きの前後の文節・文章を表示しています。該当する4件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
両国の秋」より 著者:岡本綺堂
おろされたときには、料理茶屋の軒行燈に新しい灯のかげが黄色く映っていた。風雅な屋根付きの門のなかには、芙蓉《ふよう》のほの白く咲いているのが夕闇の底から浮いてい....
超人鬚野博士」より 著者:夢野久作
で、丸い乳と卵型のお尻をタマラナイ流線型にパチパチと膨らましている。それが白い羽根付きの黒いお釜帽からカールをハミ出させて、白靴下のハイヒールの上にスラリと反り....
空中征服」より 著者:賀川豊彦
れ熱に溶かされ、そして、新しい型に流し込まれるのです。型から出てくるとチャンと羽根付きの人間になって出て来ます」 こう天狗先生は高い鼻をうごめかしながら言うた....
仏教人生読本」より 著者:岡本かの子
精神に共鳴せられるところのものであるからであります。それで、この種の仏教が日本に根付き、民族の文化を啓発すると同時に、仏教そのものもまた、民族より保護発達を遂げ....

「根付き」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
根付きの:3回
根付き、:1回
前1文字
羽根付き:2回
に根付き:1回
屋根付き:1回