根付[語句情報] » 根付

「根付〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

根付の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
業平文治漂流奇談」より 著者:三遊亭円朝
むきず》で斑紋《けら》のない上玉《じょうだま》で、これを差上げ様と存じます……お根付、へい左様で、鏡葢《かゞみぶた》で、へい矢張り青磁《せいじ》か何か時代のがご....
両国の秋」より 著者:岡本綺堂
おろされたときには、料理茶屋の軒行燈に新しい灯のかげが黄色く映っていた。風雅な屋根付きの門のなかには、芙蓉《ふよう》のほの白く咲いているのが夕闇の底から浮いてい....
高野聖」より 著者:泉鏡花
背戸《せど》から廻って来たらしい、草鞋を穿《は》いたなりで、胴乱《どうらん》の根付《ねつけ》を紐長《ひもなが》にぶらりと提《さ》げ、銜煙管《くわえぎせる》をし....
右門捕物帖」より 著者:佐々木味津三
しゅ》か、螺鈿《らでん》細工のご名品にちがいないが、それに珊瑚珠《さんごじゅ》の根付けかなんかご景物になっていたひにゃ、七つ屋へ入牢《にゅうろう》させても二十金....
綺堂むかし語り」より 著者:岡本綺堂
ってはいって来た。彼は鉄扇を持っていた。悠々と蒲団の上にすわって、角細工の骸骨を根付にした煙草入れを取り出した。彼は煙りを強く吹きながら、帳場に働くおてつの白い....
夜明け前」より 著者:島崎藤村
別に上の伏見屋という家を持っている。年も半蔵より三つほど上で、腰にした煙草入れの根付にまで新しい時の流行を見せたような若者だ。 「仙十郎、お前も茶でも飲んで行か....
蒲生氏郷」より 著者:幸田露伴
も随《したが》って存したことで、治世になっても身分のある武士が印籠《いんろう》の根付にウニコールを用いたり、緒締《おじめ》に珊瑚珠《さんごじゅ》を用いた如きも、....
大菩薩峠」より 著者:中里介山
し》の浜を蒔絵《まきえ》にした四重の印籠に、翁《おきな》を出した象牙《ぞうげ》の根付《ねつけ》でありましたから、 「こんな結構な印籠を、お前どこから持って来たえ....
絶景万国博覧会」より 著者:小栗虫太郎
って変わった点はなかったけれども、人形がそれぞれに一つ――例えば、官女の檜扇には根付、五人囃しが小太鼓の代りに印伝の莨入れを打つと云った具合で、そのむかしお筆を....
地上」より 著者:島田清次郎
十字街に、疲れた足を休めていたのだ。すると右手の細い小路から、桃割に、白の奉書の根付をした、見覚えのある少女市子と米子が踊りの扇を持って出て来て、彼を見て微笑ん....
怪異黒姫おろし」より 著者:江見水蔭
に突込み、胸を引裂いてその腸でも引ずり出したかの様、朱塗の剥げた粗末な二重印籠、根付も緒締も安物揃い。 「これ見ろ」 美少年は身を顫わせ、眼には涙をさえ浮べて....
二階から」より 著者:岡本綺堂
振って這入って来た。彼は鉄扇を持っていた。悠々と蒲団の上に座って、角細工の骸骨を根付にした煙草入れを取出した。彼は煙を強く吹きながら、帳場に働くおてつの白い横顔....
江戸芸術論」より 著者:永井荷風
いへども、昔のまま保存せしむれば、江戸時代の飾人形《かざりにんぎょう》、羽子板、根付《ねづけ》、浮世絵なぞと同じく、休みなき吾人日常の近世的|煩悶《はんもん》に....
空中征服」より 著者:賀川豊彦
れ熱に溶かされ、そして、新しい型に流し込まれるのです。型から出てくるとチャンと羽根付きの人間になって出て来ます」 こう天狗先生は高い鼻をうごめかしながら言うた....
仏教人生読本」より 著者:岡本かの子
まいました。平安朝以後は堂々たる大乗仏教の天下であります。この大乗仏教のみ日本に根付いたという理由は、大乗仏教の現実理想化の思想、無私と慈悲を説く思想、個人主義....

「根付」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
根付に...:4回
根付、...:3回
根付を...:2回
根付き...:2回
根付い...:1回
根付も...:1回
根付け...:1回
根付で...:1回
前1文字
の根付:6回
、根付:2回
を根付:2回
に根付:1回
羽根付:1回
屋根付:1回
は根付:1回
お根付:1回