模作[語句情報] » 模作

「模作〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

模作の前後の文節・文章を表示しています。該当する5件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
ナポレオンと田虫」より 著者:横光利一
まだ一度も彼女に見せたことがなかった。 ナポレオン・ボナパルトのこの大遠征の規模作戦の雄大さは、彼の全生涯を通じて最も荘厳華麗を極めていた。彼は国内の三十万の....
ジャン・クリストフ」より 著者:豊島与志雄
がほとんどないとも言っていいほどだった。クリストフは、ヘヒトから頼まれた音楽上の模作や改作の仕事をもってるきりだった。オリヴィエは、軽率にも学校の職を辞してしま....
平賀源内捕物帳」より 著者:久生十蘭
ランダ》語はぺらぺら。日本で最初の電気機械、「発電箱《エレキテル・セレステ》」を模作するかと思うと、廻転蚊取器《マワストカートル》なんていう恍《とぼ》けたものも....
古寺巡礼」より 著者:和辻哲郎
ならなかった時に、衆尼がこの像に似ることを望んだとしても不思議はない。貞観時代は模作などの行なわれた時代ではないのであるから、作家自身は原作以上に優れた観音を作....
私本太平記」より 著者:吉川英治
ある。 が、これは「項羽本紀」にある支那軍談とそっくりである。おそらくはそれの模作だろう。しかし義貞がこれほどな意気であったのはまちがいない。 かくて、民家....

「模作」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
模作だ:1回
模作な:1回
模作す:1回
模作や:1回
模作戦:1回
前1文字
の模作:2回
は模作:1回
を模作:1回
規模作:1回