模型[語句情報] » 模型

「模型〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

模型の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
十八時の音楽浴」より 著者:海野十三
ともいうべきところで、紀元前四世紀以来、人知が考え出した人造人間のありとあらゆる模型が陳列されてあった。あやつり人形のようなもの、甲冑武士のようなもの、進んでは....
軍用鮫」より 著者:海野十三
虎鮫隊は、どこまで走る。 ちょうどその前面にあたって、一隻の大きな鋼鉄船の模型が、上から巨大な起重機でもって吊り下げられ、もちろんその船底と廻るスクリュー....
恐竜艇の冒険」より 著者:海野十三
じっさいその豆潜についている値段札を見ると、ほんとにやすいのである。ぼくたちは、模型《もけい》の電気機関車とレールと信号機などの一組を買うだけのお金で、その豆潜....
海野十三敗戦日記」より 著者:海野十三
襲に、彼の家の三軒隣りの前の五間道路に、敵爆弾が落ちたとのこと。両側の家の一方は模型飛行機店で店だけこわれ、他方の家は半分吹きよじれた。人の損害は、前の防空壕に....
怪星ガン」より 著者:海野十三
われた。そうであった。これは三根夫が作ったものではなく、テッド隊の中に、こういう模型ものを作る名手が三、四人いて、それが他の隊員にも教えながら、毎日ほかの仕事は....
金属人間」より 著者:海野十三
けんぶつ》した。それは、すこぶるかんたんな立体幾何学的《りったいきかがくてき》な模型《もけい》のような形をしていた。 大小三つの輪が、からまりあっているような....
恐竜島」より 著者:海野十三
には、海水ばかりではなく、方々に赤黒い岩が水面より頭を出していて、まるで多島海の模型《もけい》のように見えた。その岩は、海水にいつもざあざあと洗われているものも....
人造人間戦車の機密」より 著者:海野十三
はありません。現に、私が博士のところを辞しますときに、博士からこの人造人間戦車の模型を見せていただきましたが、実にうまく動きました。大したものでした」 「お前は....
共軛回転弾」より 著者:海野十三
ったチーア卿は、実験室には手をつけないことにして、更に次の部屋へ。 次の部屋は模型室だった。四方の壁に棚が吊ってあって、その上に博士の発明になる新兵器の模型の....
宇宙戦隊」より 著者:海野十三
、やることがきびきびしていた。 坑道のあらゆる底が調べあげられた。そして石膏で模型が作りあげられた。その結果、この怪物は土中から出てきたのではないことがあきら....
大空魔艦」より 著者:海野十三
模型飛行機 丁坊という名でよばれている東京ホテルの給仕君ほど、飛行機の好きな少....
わがまま」より 著者:伊藤野枝
と彼女はじっと男の顔を眺めている勇気はない。彼女は故郷の幼い弟に頼まれた飛行機の模型を買うのを口実に、銀座の通りまで行くといって停車場を出ようとした。改札時間ま....
科学者と夜店商人」より 著者:海野十三
て来るのであった。その男の言うところによると、これは生きている烏ではなく、鵜烏の模型なのだそうである。ただ或る仕掛けによって斯くは不思議な運動をするのだそうであ....
南半球五万哩」より 著者:井上円了
てシュタルンベルク湖に遊ぶ。湖水の大きさはわが函嶺湖のごとし。その風景はスイスの模型と称して可なり。ときに詩歌各一首を浮かぶ。 明辺城外有斜時雲亦断、一青影是瑞....
本所両国」より 著者:芥川竜之介
僕等はいつか埃の色をした国技館の前へ通りかかった。国技館は丁度日光の東照宮の模型か何かを見世物にしている所らしかった。僕の通っていた江東小学校は丁度ここに建....

「模型」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
模型の...:3回
模型が...:3回
模型を...:2回
模型飛...:2回
模型か...:1回
模型と...:1回
模型室...:1回
模型も...:1回
模型な...:1回
前1文字
の模型:7回
は模型:2回
で模型:1回
模型:1回
な模型:1回
う模型:1回
る模型:1回
、模型:1回