止むを得ず[語句情報] » 止むを得ず

「止むを得ず〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

止むを得ずの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
忠義」より 著者:芥川竜之介
いる時のような切ない神経の緊張を、感じさせるようになった。 修理《しゅり》は、止むを得ず、毎日陰気な顔をして、じっと居間にいすくまっていた。何をどうするのも苦....
婦系図」より 著者:泉鏡花
は言わねえ、気障な事は云わねえから、黙って早く燗けて来ねえよ。」 いいがかりに止むを得ず、厭な顔して、 「じゃ、御酒を上るだけになすって下さいよ、お肴は?」 ....
耽溺」より 著者:岩野泡鳴
「なアに」僕は受けたが、その跡はどうあしらっていいのだか、ちょっとまごついた。止むを得ず、「実は」と、僕の方から口を切って、もし両親に異議がないなら、してまた....
地球盗難」より 著者:海野十三
かくそこに首をさし入れないことには、背骨がポキンと折れてしまいそうだった。だから止むを得ず、佐々は首をさし入れた。 そこは厚い硝子張りになっていて、四方がよく....
単独行」より 著者:加藤文太郎
。この他泊るべきところなきよう思われ観測所小屋に入り火を焚かんとすれども燃えず、止むを得ず濡れたるものをぬぎなどして寝るべき支度をせり、気付きて案内の地図を見れ....
応仁の乱」より 著者:菊池寛
り方は如何にも勝元らしく、爾来東軍は行在所守護の任に当って、官軍と呼ばれ、西軍は止むを得ず賊軍となった。 宗全は斯うした深謀には欠けて居たが、実際の戦争となる....
霊界通信 小桜姫物語」より 著者:浅野和三郎
ゃ……。』 お爺さんはそんなことを言って、まじめに取合ってくださいませんので、止むを得ずちょっと統一して、のぞいて見ると、果してお宮の所在地は、私の昔の隠家の....
霊訓」より 著者:浅野和三郎
したことである。地上の人達の、想像だも為し得ざる事柄を通信するに当り、われわれは止むを得ず、人間界の措辞用語を借り、時とすればうっかりして、真意とは大分縁遠い言....
瘠我慢の説」より 著者:石河幹明
藩中のもっとも強硬なる攘夷藩というも可なる程なれども、ただ責任の局に在るが故に、止むを得ず外国人に接して表面に和親を表したるのみ。内実は飽くまでも鎖攘主義にして....
」より 著者:犬田卯
た。 「無茶だ」と田辺はつぶやいた。「畜生、なんだと、期日までに返済なき場合は、止むを得ず……強制……執行する場合もあるべく……だって……へえ、畜生、いいとも、....
白花の朝顔」より 著者:泉鏡花
あしらってはくれましたけれども、何分にも、ぎっしりで、席は一つもないというんで、止むを得ず……悪く思わないで下さい……まったく止むを得ず、茶屋から、楽屋へ声を掛....
穂高岳槍ヶ岳縦走記」より 著者:鵜殿正雄
見えるが甚だ危険だ、奥穂高と北穂高との間を通るがよい。霧は次第に深く、かてて雨、止むを得ず合羽を纏い、岩陰で暫時雨を避け、小降りの折を見て、また登り始める。 ....
仏教人生読本」より 著者:岡本かの子
近寄るべきものではありません。因縁のある人が避け難き運命の下に、恋愛に遭遇して、止むを得ず取り上げるようにしてはじめて必然性が見出されます。また恋愛なくとも、結....
ひとりすまう」より 著者:織田作之助
くの部屋にはいって来た。ぼくは手紙を素早く隠したが、果物籠の処置に困った。それで止むを得ず、和歌山の知り合いから送って来たといい、彼に果物をすすめた。 彼は前....
ベートーヴェンの生涯」より 著者:片山敏彦
態がよい方へ向かうにもせよ悪化するにもせよ、私の覚悟はできている。――二十八歳で止むを得ず早くも|悟った人間になることは容易ではない。これは芸術家にとっては他の....

「止むを得ず」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
止むを得ず、...:6回
止むを得ず…...:2回
止むを得ず合...:1回
止むを得ず取...:1回
止むを得ず早...:1回
止むを得ず外...:1回
止むを得ず濡...:1回
止むを得ず賊...:1回
止むを得ずち...:1回
前1文字
、止むを得ず:8回
で止むを得ず:2回
は止むを得ず:2回
。止むを得ず:1回
に止むを得ず:1回
ら止むを得ず:1回