水が入る[語句情報] » 水が入る

「水が入る〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

水が入るの前後の文節・文章を表示しています。該当する3件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
単独行」より 著者:加藤文太郎
キーで行くと右へ針ノ木川を渡らなければならない。水量は僅かで危険ではないが、靴に水が入るので濡れてもよい一時凌ぎの靴下を履いて行く方が良い。また左側へ渡り等して....
従妹への手紙」より 著者:宮本百合子
れ易いんです。どうぞみんなで気をつけて下さいね。地下室のガラスがこわれて雪や雨の水が入ると、家はひどくいたむんです。――わかりましたね?」 すると、口をそろえ....
一九二三年夏」より 著者:宮本百合子
供の時、天変地異と云う本をよんだことがあるが、ひどく乾いたでと(泥土)の中に斯う水が入ると、火が起って地震になると云うことですいの」と云う。 それでも夕暮にな....

「水が入る」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
水が入ると:2回
水が入るの:1回
前1文字
う水が入る:1回
の水が入る:1回
に水が入る:1回