水も漏らさぬ[語句情報] » 水も漏らさぬ

「水も漏らさぬ〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

水も漏らさぬの前後の文節・文章を表示しています。該当する5件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
右門捕物帖」より 著者:佐々木味津三
忍び警備、隠れ警備の三手に分かれた町奉行配下の、与力同心小者総動員による警備隊が水も漏らさぬ警衛網を張りめぐらして、しかも御成門《おなりもん》から増上寺に至るま....
宮本武蔵」より 著者:吉川英治
ろに眼を持たない人間である限り、この驚きは当然に見えた。 三道それぞれな所に、水も漏らさぬ前衛の備えを固めていただけに、なんの予報もなく、この中核部で、いきな....
三国志」より 著者:吉川英治
立って、賊の宛城の運命を、かく卜った。 朱雋軍六万は、宛城の周囲をとりまいて、水も漏らさぬ布陣を詰めた。 賊軍は、 「やぶれかぶれ」の策を選んだか、連日、城....
三国志」より 著者:吉川英治
戦気を帯びて、三軍の先鋒に立ち、一路|樊川へ猛進した。 樊城の包囲は完成した。水も漏らさぬ布陣である。関羽はその中軍に坐し、夜中ひんぴんと報じてくる注進を聞い....
黒田如水」より 著者:吉川英治
のを断乎追いしりぞけ、そのほかの道でも、密輸の糧米をたえず抑えている。ほとんど、水も漏らさぬほど完封してあるのに、これが敵兵に何の痛手もないとあっては一大事じゃ....

「水も漏らさぬ」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
水も漏らさぬ布:2回
水も漏らさぬほ:1回
水も漏らさぬ前:1回
水も漏らさぬ警:1回
前1文字
、水も漏らさぬ:3回
。水も漏らさぬ:1回
が水も漏らさぬ:1回